累計発行部数1億冊以上のE・L・ジェイムズの小説を映画化し、2015年の第1作目公開以降、全世界シリーズ累計興収が13億越えを誇る『フィフティ・シェイズ』シリーズ三部作。その最終章である『フィフティ・シェイズ・フリード』がdTVで配信開始された。

お互いを想うがゆえにすれ違うクリスチャンとアナが掴み取るゴールとは?

巨大企業の若き起業家にしてCEO、女性ならば誰もが憧れずにはいられない超絶イケメンのクリスチャン・グレイと、それまで恋の経験がなかった女子大生アナことアナスタシア・スティールの情熱的な恋愛模様を描いてきた『フィフティ・シェイズ』シリーズ。

3作目かつ完結編となる本作では、さまざまな局面を乗り越えたクリスチャンとアナが夫婦として結ばれ、幸せでセレブな新婚生活を満喫する日々で幕開け。愛し合うふたりだが、過去の因縁からアナを付け狙う男=ジャック・ハイドの影が迫り、ついには誘拐未遂事件まで発生する。

シリーズを通して話題を呼ぶ刺激的なシーンはもちろん、巻き込まれる事件のスケールも過去随一。お互いを想うがゆえにすれ違うクリスチャンとアナが掴み取るゴールとは?

アナとクリスチャンを演じるのは、もちろんダコタ・ジョンソンとジェイミー・ドーナン。前作に続き、『パーフェクト・ストレンジャー』や人気海外ドラマ『ハウス・ オブ・カード 野望の階段 シーズン1〜2』での評価も高いジェームズ・フォーリーが監督を務める。

そして、ワン・ダイレクションのリアム・ペインとリタ・オラのコラボレーション曲「フォー・ユー」や、シーアの「ディア イン ヘッドライツ」、ヘイリー・スタインフェルドによる「キャピトル レターズ」、ジェシー・Jの「アイ ゴット ユー(アイ フィール グッド)」など、ドラマを彩る超豪華なサウンドトラックにも注目。

dTVでは、第一作目『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』、第2作目『フィフティ・シェイズ・ダーカー』も配信中。ふたりの過激で美しいラブ・ストーリーにたっぷり浸ってみてはいかがだろうか。

作品情報

フィフティ・シェイズ・フリード

~作品概要~
若きCEOと女子大生の特異な恋愛模様を描いた小説「フィフティ・シェイズ」シリーズ最終章を映画化。公開時、世界54地域で初登場1位を記録した話題作。
~あらすじ~
大学生だったアナ(ダコタ・ジョンソン)は学生新聞の取材で、若くして巨万の富を手にしていたイケメンCEOのクリスチャン・グレイ(ジェイミー・ドーナン)と運命的な出会いを果たした。クリスチャンはアナとの秘密の関係をより深く縛ろうとしたが、その歪んだ愛の形を受け入れられないアナは、一旦は彼の元を去った。しかしその後も二人は求め合い、再び結ばれると、快楽以上の愛情を感じるようになっていった。そして、数々の困難を乗り越えながらも待望の新婚生活を迎えた二人だったが、過去のある出来事がきっかけで、命を脅かされるような事件に巻き込まれていく。その事件には、過去にアナが勤めていた出版社で彼女の上司だったジャック・ハイド(エリック・ジョンソン)が関わっていた。それに立ち向かう二人は、最後の決断を下す。

作品URL:https://video.dmkt-sp.jp/ti/10023685/

©2018 Universal City Studios Productions LLLP. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事