1980年代の人気TVシリーズ『超音速攻撃ヘリ エアーウルフ』などで知られる米俳優アレックス・コードが88歳で亡くなったことが彼の広報担当によって報じられた。

アレックス・コード
"File:Alex Cord.jpg" by Betty Wills is licensed under CC BY-SA 4.0
リメイク版『駅馬車』ではオリジナル版でジョン・ウェインが演じたリンゴ・キッド役に抜擢された

コードは8月9日テキサスの自宅で亡くなったと米WRAPなどが報じたもの。84年からスタートした『エアーウルフ』ではジャン・マイケル・ヴィンセント、アーネスト・ボーグナインらと共演し、アークエンジェル役で人気を博した。

もともとはロデオ・パフォーマーだったが大けがを負って引退し、俳優に。リメイク版『駅馬車』(66)ではオリジナル版でジョン・ウェインが演じたリンゴ・キッド役に抜擢された。ほかに『さそり暗殺命令』(67)『暗殺』(68)『USAブルース』(70)『大襲来!吸血こうもり』(72)『大火災』(77)などの映画に出演。『スパイ大作戦』『ガン・スモーク』などのTVシリーズにもゲスト出演した。後年、小説家にも進出し、『ハイムーン』などいくつもの小説を執筆している。

Embed from Getty Images

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事