トム・ホランド、デイジー・リドリー、マッツ・ミケルセンという豪華キャストが集結した新感覚SFエンターテイメント『カオス・ウォーキング』が11月12日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほかにて全国公開。このたび予告編が解禁された。

ヴァイオラを見て「かわいい」と心の声が「ノイズ」として漏れてしまうトッド

解禁された予告編は、地球からやってきた宇宙船が墜落し、「ニュー・ワールド」にたどり着いたヴァイオラ(デイジー・リドリー)の姿を捉えるところから始まる。

彼女を発見したトッド(トム・ホランド)は挙動不審な態度。 ヴァイオラは首長のプレンティス(マッツ・ミケルセン)から「ニュー・ワールド」の衝撃の事実を聞く。この世界では、男は頭の中の考えや心の中の想いが「ノイズ」となってあらわになり、女は死に絶えたという。

この地で最後に生まれ、女性を見るのが初めてだというトッドは、ヴァイオラを見てドキドキが止まらない様子。思春期のトッドはヴァイオラのことで頭がいっぱいで、プレンティスの息子のデイヴィー・プレンティス・ジュニア(ニック・ジョナス)からイジられると、思わずカッとなってヘビの「ノイズ」を出す始末。

しかし後半は雰囲気が一変。ヴァイオラを捕らえて利用しようとするプレンティス。そんな彼から逃げるトッドとヴァイオラ。「君を守る」と誓ったトッドは謎の生物と格闘し、ヴァイオラはバイクに乗って森の中を疾走する。

どうやら二人の逃避行の成功のカギは「ニュー・ワールド」に隠された謎とつながっているようだ。映像の最後は、ヴァイオラを見て「かわいい」と心の声が「ノイズ」として漏れてしまうトッドの姿で締めくくられている。

パトリック・ネスの傑作SF小説をヒットメーカーのダグ・リーマン監督が映画化

本作はガーディアン賞、カーネギー賞など、数々の名だたる文学賞を制するパトリック・ネスの傑作SF小説の映画化。監督は大ヒットメーカーのダグ・リーマン。主演は英国からハリウッドへ進出し、今や世界中から愛されているトム・ホランド。共演は『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』でスターダムを駆け上がったデイジー・リドリーと、21世紀を代表する名優マッツ・ミケルセン。

なぜ? どうして? いたるところちりばめられた謎。そして“ノイズ”によって、頭の中の思考や想像が露わとなる面白さに加えて、生まれて初めて女子を見る青年を演じるトム・ホランドの初々しさ爆発の演技。謎と“ノイズ”、それに10代の瑞々しい感性がミックスされた新感覚のSF映画だ。

作品情報

カオス・ウォーキング
2021年11月12日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほかにて公開

<出演> トム・ホランド デイジー・リドリー
マッツ・ミケルセン デミアン・ビチル シンシア・エリヴォ ニック・ジョナス デヴィッド・オイェロウォ
<原作> 『心のナイフ』〈混沌(ルビ:カオス)の叫び1〉パトリック・ネス著 金原瑞人 樋渡正人訳(東京創元社)
<脚本>パトリック・ネス&クリストファー・フォード
<監督> ダグ・リーマン

【原題】CHAOS WALKING/2021年/アメリカ・カナダ・香港/英語/109分/ドルビーデジタル/カラー/スコープ/G/字幕翻訳:大西公子

配給:キノフィルムズ 提供:木下グループ

© 2021 Lions Gate Films Inc. All Rights Reserved

公式サイト:cw-movie.jp

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事