ヴェルサイユ宮殿を舞台に描くフランス国王ルイ14世のドラマ『ヴェルサイユ』全3シーズンが、CSエンターテインメントチャンネル「チャンネル銀河 歴史ドラマ・サスペンス・日本のうた」にて4月12日(月)よりTV初放送されることが決定した。

写真はシーズン3

絢爛豪華なヴェルサイユ宮殿が舞台のスキャンダラスな愛憎劇

「朕は国家なり」の言葉で知られ、72年もの間、フランス国王として君臨したルイ14世。彼が確立した絶対王政と、その象徴であるヴェルサイユ宮殿はあまりにも有名だ。本作はそんな誰もが知っているフランスの絶頂期を築いた“太陽王”ではなく、数々の陰謀に晒されながらも、悩み、苦しみ、時には失敗をしながら、28歳の若き王が成熟した真の王へと成長していく姿を描く。その結果、既存のイメージから解放された、現代的で刺激的なルイ14世像が誕生した。本作は人間味あふれるルイ14世のイメージをより広く世界中で認知してほしいという製作陣の願いから、言語はあえてフランス語を避け、英語で製作されている。

ルイ14世を演じるジョージ・ブラグデン|写真はシーズン3

ルイ14世を演じるのは、映画『レ・ミゼラブル』で革命派の学生を演じて注目を集めたジョージ・ブラグデン。撮影は実際のヴェルサイユ宮殿を中心に行われ、その絢爛豪華な宮殿や美しい庭園の映像に目を奪われる。17世紀の宮殿を再現するために用意されたインテリアや、オスカーにもノミネートされたマデリーン・フォンテーヌが担当した美しい衣装など、経験豊かな国際的スタッフを起用し、フランスのみならず世界中で愛される作品を目指したという細部へのこだわりにも注目だ。

写真はシーズン3
写真はシーズン1

宮殿で巻き起こる政治闘争、王の寵愛をめぐる女たちの争い、周辺国から送り込まれるスパイの陰謀、そして弟フィリップとの確執……。人々の欲望が渦巻く絢爛豪華なヴェルサイユ宮殿で、ルイは自身の理想とする世界を作ることができるのだろうか?

放送情報

『ヴェルサイユ』
放送日時:4月12日(月)スタート
(月-金)深夜0:00-深夜1:15 ※スカパー!1話無料放送

出演:ジョージ・ブラグデン(ルイ14世)、アレクサンダー・ヴラホス(フィリップ)、エリサ・ラゾウスキ(マリー・テレーズ王妃)、ノエミ・シュミット(アンリエット)、エヴァン・ウィリアムズ(シュヴァリエ)、タイ・ルニャン(ファビアン)、アンナ・ブリュースター(モンテスパン侯爵夫人)、キャサリン・ウォーカー(スカロン夫人/マントノン侯爵夫人) ほか
制作:2015年(S1)、2017年(S2-3)|フランス|全30話(各シーズン10話)|字幕

ドラマ『ヴェルサイユ』特設ページはこちら

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事