『スター・トレック』でカーク船長を演じた俳優ウィリアム・シャトナーが2021年10月13日、90歳で初めて実際に宇宙飛行を体験した。シャトナーは帰還後、「感無量だよ。感動的で信じられない体験だ」と感想を述べた。

"William Shatner" by Gage Skidmore is licensed under CC BY-SA 2.0
歴代最高齢で宇宙飛行をしたシャトナー 「全世界の人がこの光景を見るべき」

シャトナーは他の3人の搭乗員と共に、米宇宙企業ブルーオリジンの宇宙船「ニューシェパード」に乗り込んでテキサス州の発射場から打ち上げられた。地上約106キロの宇宙空間に到達後10分あまり飛行し、パラシュートで地上に無事に戻った。

Embed from Getty Images

シャトナーさんは「頭上には暗闇、眼下は青。それが母なる地球だった」と宇宙船からの景色を描写して「全世界の人が体験すべきだし、この光景を見るべきだ」とも述べた。「ニューシェパード」は去る7月、初の有人飛行に成功し、その時乗客の一人だったウォリー・ファンクさんが82歳で宇宙に到達した最高齢記録を達成したが、今回90歳のシャトナーが記録を塗り替えた。

シャトナーは90歳を超えた現在も精力的に活動しており、2022年全米公開予定のアニメ映画『ファイヤーハート(原題)』(Fireheart)ではオリビア・クックやケネス・ブラナーと共に声を当てる。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事