『TENET テネット』などで知られるオーストラリア出身の女優エリザベス・デビッキが、ディオール ファイン ジュエリーのアンバサダーに就任した。

@Dior

洗練されたアンバサダーであり、メゾンの永遠のエレガンスを象徴する存在のエリザベス・デビッキが、アーティスティック ディレクターのヴィクトワール・ドゥ・カステラーヌがデザインした「ローズ ディオール」の世界を体現。

「ローズ ディオール」は、卓越したディオールの花を表現した4つのコレクションからなり、多様な女性らしさを反映している。「ローズ ディオール」は2022年1月14日より発売予定。

エリザベス・デビッキは『TENET テネット』でケネス・ブラナー演じる武器商人アンドレイ・セイターの妻キャットという物語のカギとなるキャラクターを演じた。『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』の女王アイーシャ役でも知られ、2023年に公開予定の『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3』にも同役で出演する。

クリスチャン ディオール
https://www.dior.com

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事