完全オンラインで収録されたBBC製作のコメディドラマ『ステージド 俺たちの舞台、ステイホーム!』とその続編の『ステージド2 俺たちの舞台、アメリカ上陸⁉』に主演するデヴィッド・テナントマイケル・シーンのふたりから、日本のファンに向けた特別インタビューが到着した。『ステージド』は「スターチャンネルEX」にて配信中。

『ステージド2 俺たちの舞台、アメリカ上陸⁉』
「本当の私はもっと几帳面できちんとしているので!」

コロナ禍のイギリスで制作された本作は、デヴィッド・テナントとマイケル・シーンが完全オンラインでの収録に挑戦した、疑似ドキュメンタリー風のユニークでコミカルなドラマ。

シーズン1は、ロンドンのウエストエンドで上演予定だった舞台がコロナ禍の影響で延期になってしまい、演出家の指令でオンラインでリハーサルを続けようとして繰り広げられるドタバタ劇。シーズン2では、そんな2人がアメリカ進出を目指してさらなる奮闘を繰り広げることになる。

ほとんど素のような掛け合いを見せるデヴィッド・テナントとマイケル・シーンのふたりに加え、超豪華ハリウッド俳優から個性派イギリス人俳優まで、錚々たる顔ぶれがゲストとして登場するのも本作の大きな見どころのひとつ。

昨今急速に進化を続ける完全オンライン収録作品の中でも、見事な脚本と俳優陣の演技力で視聴者の心を掴んで離さない、オンライン・ドラマの最高傑作といえる作品だ。

今回到着したインタビューではドラマ『グッド・オーメンズ』でも共演し、実際にも仲のいい友人関係だというふたりが、『ステージド』製作にいたる経緯や裏側、お互いの演技について語っている。インタビュー全文は以下にて。

デヴィッド・テナント インタビュー

——最初にこの作品の内容について聞いた時、どう思いましたか?また、実際の撮影は想像通りでしたか?

長年、ジョージアと付き合いのあるフィン・グリンからこのドラマの構想を聞きました。私自身も彼とはこれまでに2本の映画を作っています。最初の段階ではまだまだとても曖昧で、果たしてうまくいくのかどうかも分かりませんでした。

——自分で自分を演じてみて、新たな発見などはありましたか?

かなりフィクションの入り混じった自分を演じていたと思います。本当の私はもっと几帳面できちんとしているので!

——『ステージド』のデヴィッド・テナントはどのくらい自分自身が反映されていますか? また、『ステージド』のマイケル・シーンは本物のマイケル・シーンとどのくらい似ていましたか?

ひとつまえの質問の通り、私たちはどちらも架空の自分を演じていましたから、本当の我々とは全然違うんです。とはいえもちろん、実際の私たちも非常に仲の良い友人同士ですよ。

——本作に関する一番の思い出を教えてください。

素晴らしいシーンがたくさんあるのですが、あえて言うとすれば、シーズン1の第3話に登場する“あの人”とジュディ・デンチの登場はその中でも印象的なシーンでしたね。

——もし自分自身を誰かが演じるとしたら、だれに演じてもらいたいですか?

素晴らしい役者は大勢いますし、その中には良き友人たちもたくさんいるので、誰とははっきり言えませんね。やはり私は私自身で演じたいです!

——日本のファンに向けてメッセージをお願いします

私たちも大いに楽しんで作ったドラマですし、他の国々でも好評だったので、ぜひ楽しんでいただきたいですね。このドラマが日本の視聴者の皆さんにご覧いただけることを嬉しく思っています。

マイケル・シーン インタビュー 

——最初にこの作品の内容について聞いた時、どう思いましたか? また、実際の撮影は想像通りでしたか?

『グッド・オーメンズ』で共演した、良き友人でもあるデヴィッド・テナントからこのドラマの企画を聞かされました。パイロット版を作るまでは、まったく未知の世界で、自分たちがどんな作品を作っているのかもよく分かりませんでした。

——自分で自分を演じてみて、新たな発見などはありましたか?

劇中に登場するのは、大げさでいささか脚色された架空の自分たちなので、リアルな私たちを演じているわけではなかったんです。自分役とはいえ、あくまでも役を演じていることには変わりはありませんでしたね。

——『ステージド』のマイケル・シーンはどのくらい自分自身が反映されていますか? また、『ステージド』のデヴィッド・テナントは本物のデヴィッド・テナントとどのくらい似ていましたか?

デヴィッドとは互いをよく知る仲の良い友人です。本物の私は劇中のマイケルよりも気楽なタイプだと思いますし、本物のデヴィッドもドラマの中のようないわゆる“かまってちゃん”などではなく、素晴らしい人物ですよ。

——本作に関する一番の思い出を教えてください。

両シーズンを通じて錚々たる名優たちが登場するという他にはないドラマになりました。とりわけ実際に本当に共演したことのある“あの人”とのエピソードはお気に入りです。本当に頭から紙袋をかぶせられて拷問を受けたシーンがありましたからね。

——もし自分自身を誰かが演じるとしたら、だれに演じてもらいたいですか? 理由とあわせて教えてください。

Ha! マイケル・シーンを演じられるのは私以外にはいません。真面目な話、私役を演じてもいい役者さんはいると思いますが、具体的な名前を挙げるのが難しいですね。若き日のリチャード・バートンかアンソニー・ホプキンスだとどうですか?

——日本のファンに向けてメッセージをお願いします

このドラマをご覧下さり心から感謝していますし、とても感激しています。皆さんにお届けできることを嬉しく思っています。おすすめの1作なので、ぜひお楽しみください!

このインタビューはスターチャンネルEX公式HPやSNSで公開予定の”オンラインムック”にも掲載決定。スマホで読みやすい完全縦スクロール型でお届けする”オンラインムック”では、作品の詳細部分はもちろん、今回解禁となったデヴィッドとマイケルのインタビューのほかにも、脚本・製作・出演のサイモン・エヴァンスによる本邦初公開のインタビューや、吹替版制作の裏側まで、本作に関わる情報が濃縮されている。

オンラインムックはこちら>> https://ex.star-ch.jp/special_article/NOnCa

作品情報

『ステージド 俺たちの舞台、ステイホーム!』(全6話)
◆配信スケジュール:【字幕版】【吹替版】全話独占配信中
◆放送スケジュール:
【STAR1 字幕版】12月29日(水)6:00より一挙放送  【STAR3 吹替版】12月28日(火)0:40 より一挙放送

コロナ禍でロックダウン(都市封鎖)に見舞われたロンドン。予定されていた舞台劇が延期を余儀なくされるという憂き目にあった2人の主役俳優デヴィッドとマイケル。ところが、ステイホーム中の彼らに、演出家からの指令が下る。「舞台を止めるな!」。急遽、オンラインでリハーサルを敢行することになった2人だが、何もかもが手さぐり。思わぬハプニングの連続に、知恵を絞ったり、喧嘩したり、やる気を出したり、くじけたり、挙句の果てには裏切りも⁉ 果たして彼らに明るい未来は訪れるのか―!

『ステージド2 俺たちの舞台、アメリカ上陸⁉』(全8話)
◆配信スケジュール:【字幕版】【吹替版】全話独占配信中
◆放送スケジュール:
【STAR1 字幕版】12月30日(木)AM6:00より一挙放送 【STAR3 吹替版】12月29日(木)0:20 より一挙放送

半年間に及ぶロックダウン中の奮闘を「ステージド」という番組にしてイギリス国内で大ヒットさせたデヴィッドとマイケル。そんな彼らに、番組のアメリカ版を制作するという話が舞い込む。ところがアメリカでの知名度に欠けると判断された2人は主役の座を奪われてしまう。そこで、代役の選考の手助けをすることでなんとかアメリカ版の制作に携わり、あわよくば主役の座への返り咲きを狙って画策する。しかしそんな中2人の関係にまたしても亀裂が入る―! 果たして2人は念願のアメリカ上陸を果たせるのか!?

©Staged Films Limited MMXX  
©Staged Films Limited MMXXI

作品詳細ページ  https://ex.star-ch.jp/special_drama/r04so

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事