DCコミックス発の人気シリーズ“新スースク”から飛び出した過激派ヒーローのスピンオフドラマ『ピースメイカー』が「U-NEXT」にて2022年4月15日(金)0時より日本初、見放題で独占配信されることが決定した。あわせて本作のキーアートとティーザー映像が解禁された。

映画では見られなかった彼の生い立ちや家族、正義と悪の間での葛藤なども描かれる

DCコミックス発のスーパーヴィランチームの活躍を描く『スーサイド・スクワッド』。2016年に公開された本作は、政府に管理される終身刑の受刑者たちが「減刑」を条件に成功率0%の無謀な極秘任務に挑むという内容で、「悪党ならでは」の物騒なせりふの掛け合いやアクションが話題を集め、全世界で興収7億4,000万ドルを記録した。

昨年8月に公開した第2作『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』では、マーベルの人気シリーズ『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』を手掛けたジェームズ・ガンが新監督に就任。1作目以上にクセのあるキャラクター設定と「R指定」という過激な内容でリニューアルを果たし、「原作の暴力的でアナーキーな長所が活かされている」などの好評を受けるだけでなく、監督自身がファンだと公言する特撮(怪獣)映画のオマージュが話題となり、日本でも多くのファンを生んだ。

そんな“新スースク”から登場したキャラクターの1人・ピースメイカーのスピンオフシリーズがついに登場。筋骨隆々な射撃の名手で、アメリカへの強すぎる愛国心ゆえに「治安維持のための殺人」を繰り返す非道徳的な思想を持ち、劇中でもひときわ強烈な印象を残した“過激派ヒーロー”の活躍を描き、辛口映画評点サイト「Rotten Tomatoes」でも公開直後から94%のユーザーに高く評価されるなど、すでに多くのファンを生み出している。今年1月に米動画サービス「HBOmax」にて配信されたばかりのドラマが、待望の日本上陸となる。

本作では『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』に引き続き、ジェームズ・ガンが製作総指揮・脚本を担当。映画で極秘ミッションで負傷し死亡したと思われていたが、奇跡的に一命をとりとめたピースメイカーのその後に迫る全8話のドラマで、映画では見られなかった彼の生い立ちや家族、正義と悪の間での葛藤なども描かれる。

ジェーム・ガンならではのユーモアあふれる会話劇とアクションシーンはもちろん、お調子者な中にも時折どこか寂しげな表情をのぞかせるピースメイカーの姿も見られるファン必見の内容だ。主人公・ピースメイカー役も、昨年公開の“新スースク”からジョン・シナが続投。プロレスラーの肩書ももつ俳優、ジョン・シナの鍛え上げられた肉体美からも目が離せない。

ガン監督は米メディアへのインタビューに対し、今後のプロジェクトについて「『ザ・スーサイド・スクワッド』ユニバースに関わる新たな作品に取り組んでいる」と言及した上で、本作のシーズン2、さらには同シリーズ内の別キャラクターのスピンオフ製作にも意欲を示しており、DCエクステンデッド・ユニバースへの連携もますます期待される注目作となっている。

作品情報

ピースメイカー
(原題:Peacemaker)<全8話>

【配信開始日時】2022年4月15日(金) 0:00 第1話配信予定(毎週1話ずつ配信)
【配信形態】見放題

【スタッフ】
■プロデューサー:ラース・ウィンテル、ジョン・H・スターク
■製作総指揮:マット・ミラー、ピーター・サフラン、ジェームズ・ガン、サイモン・ハット(共同製作者)、ジョン・シナ(共同製作者)
■脚本:ジェームズ・ガン(『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』など)

【キャスト】
■ピースメイカー/クリストファー・スミス役:ジョン・シナ
■エミリア・ハーコート役:ジェニファー・ホランド
■ジョン・エコノモス役:スティーヴ・エイジー
■クレムゾン・マーン役:チュクーディ・イウジ
■レオタ・アデバヨ役:ダニエル・ブルックス
■ビジランテ/エイドリアン・チェイス役:フレディ・ストローマ

Peacemaker and all related characters and elements © & ™ DC and Warner Bros. Entertainment Inc.

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事