全世界で驚異の特大ヒット中のトム・ホランド主演『スパイダーマン』シリーズ最新作『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』の日本での興行収入が40億円を突破した。コロナ禍においてハリウッド映画が興行収入40億円を超えるのも初となった(※コロナ禍=2020年1月以降)。

全世界累計興行収入の歴代6位に

日本でのコロナ禍におけるハリウッド映画の興行収入No.1を達成していた本作が、2月24日までに興行収入40億円を突破した。累計興行収入は4,008,629,750円、累計動員は2,652,256人。

全米では累計興行収入7億7354万ドル(約897億円)となり、全米累計興行収入の歴代3位。全米以外の海外では、累計興行収入が10億6000万ドル(約1230億円)、全米および海外の成績を合計した全世界累計興行収入は18億3354万7000ドル(約2127億円)となり、全世界累計興行収入の歴代6位になっている(※2/25付Box Office Mojo調べ、1ドル=116円換算、2/25現在)。

これまでも公開されるたびに毎回社会現象を巻き起こしてきた『スパイダーマン』シリーズ。何回見ても前代未聞の体験ができるとリピーターも多く、ここからどこまで成績を伸ばすかも注目だ。

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』は大ヒット公開中。

作品情報

スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム
大ヒット公開中

原題:Spider-Man: No Way Home
監督:ジョン・ワッツ
脚本:クリス・マッケナ、エリック・ソマーズ
製作:ケヴィン・ファイギ、エイミー・パスカル
出演:トム・ホランド、ゼンデイヤベネディクト・カンバーバッチ、ジョン・ファヴロー、ジェイコブ・バタロン、マリサ・トメイ、アルフレッド・モリーナ、ウィレム・デフォー、ジェイミー・フォックス
日本語吹替版声優:榎木淳弥(スパイダーマン/ピーター・パーカー)、銀河万丈(ドック・オク/オットー・オクタビアス)、山路和弘(グリーン・ゴブリン/ノーマン・オズボーン)、中村獅童(エレクトロ/マックス・ディロン)、三上哲(ドクター・ストレンジ)、真壁かずみ(MJ)、吉田ウーロン太(ネッド)など

©2021 CTMG. © & ™ 2021 MARVEL. All Rights Reserved.

公式サイト https://www.spiderman-movie.jp/

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事