『アリスのままで』のジュリアン・ムーアと『リリーのすべて』のアリシア・ヴィキャンデルが伝説のフェミニストを演じる『グロリアス 世界を動かした女たち』(5月13日公開)のポスタービジュアルと場面写真が一挙解禁された。

ジュリー・テイモア監督の作風が強く反映された、独特な色彩で描かれたポスタービジュアル

本作は女性解放運動のパイオニアであるグロリア・スタイネムと活動家の仲間たちとの物語。若き日のグロリアを演じたのは、『リリーのすべて』でアカデミー賞®助演女優賞に輝いたアリシア・ヴィキャンデル。40代以降のバトンを受け継いだのが、『アリスのままで』で同賞の主演女優賞を受賞したジュリアン・ムーア。世代を超えた名女優の二人が、波乱に満ちた彼女の生涯をリレー形式で演じ切った。監督には『フリーダ』のジュリー・テイモア。自由奔放で解放的なイマジネーションを駆使してドラマを描き尽くした。

このたび解禁となったポスタービジュアルは、ジュリー・テイモア監督の作風が強く反映された、独特な色彩で描かれている。まず目につくのは、アリシア・ヴィキャンデル演じる青年期のグロリアが、ジャネール・モネイ演じる仲間とともに、女性解放運動の宣言を行う象徴的なシーンだ。

その上には、ジュリアン・ムーア演じる壮年期のグロリアが大きく映し出されている。「これは、彼女たちと、あなたの物語──」というコピーが示しているように、彼女たちの勇気ある行動が、今のわたしたちに繋がっている事を感じさせてくれるビジュアルである。

あわせて解禁された場面写真では、人生の転機ともなった留学先のインドで現地の人々と交流をする姿や、仲間たちとともに女性の地位向上のために立ち上がる勇ましい様子などが切り取られている。

『グロリアス 世界を動かした女たち』は5月13日(金)より kino cinéma 横浜みなとみらい・立川髙島屋 S.C.館・天神 ほか全国順次公開。

作品情報

グロリアス 世界を動かした女たち
2022年5月13日(金)より kino cinéma 横浜みなとみらい・立川髙島屋 S.C.館・天神 ほか全国順次公開

監督・脚本:ジュリー・テイモア
出演:ジュリアン・ムーア、アリシア・ヴィキャンデル、ティモシー・ハットン、ジャネール・モネイ、ベット・ミドラー
2020年|アメリカ|英語|147分|カラー|ビスタ|5.1ch|原題:The Glorias|字幕翻訳:髙橋彩|G
提供:木下グループ 配給:キノシネマ

© 2020 The Glorias, LLC

公式サイト https://movie.kinocinema.jp/works/theglorias

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事