アカデミー賞俳優エイドリアン・ブロディ主演のハード・アクション『クリーン ある殺し屋の献身』(9月16日公開)のメイキング写真が一挙解禁された。

孤独なゴミ清掃員として生きる、過去を捨てた凄腕の殺し屋の男を演じる

本作は大都会の裏側を舞台にした『レオン』や『タクシードライバー』を思わせる、エモーショナルなアクション・ドラマ。孤独なゴミ清掃員、その正体は凄腕の殺し屋だった。そして心を通わせた少女が危機に陥った時、男は再び戦いに身を投じてゆく。主演は『戦場のピアニスト』でアカデミー主演男優賞を受賞したエイドリアン・ブロディ。監督は『キラー・ドッグ』に続いてエイドリアン・ブロディとチームを組むポール・ソレット。

今回解禁されたメイキング写真では、本作で主演を務めるエイドリアン・ブロディの撮影中の様子が切り取られている。ブロディは2002年公開の『戦場のピアニスト』でナチス侵攻化のポーランドを生き抜いた実在のピアニスト、ウワディスワフ・シュピルマンを演じ、史上最年少の29歳でアカデミー主演男優賞を受賞。孤独なピアニストの役を演じる為に、車を売却し、電話も不通にさせ、住居を手放しドイツとポーランドのホテルの部屋でピアノを練習しながら一人で暮らすというストイックな役作りで、体重も58㎏まで落とし、役にとりつかれたような演技が高く評価された。

賞をとって順風満帆な役者人生を過ごすかと思われたブロディだったが、M・ナイト・シャマラン監督の『ヴィレッジ』や、ピーター・ジャクソン監督の『キング・コング』、ウェス・アンダーソン監督の『ダージリン急行』など、出演作が思うような評価を得られない不遇の時期を過ごす。

このままではダメだと気づいたブロディは、新規の依頼をすべて断り、芸術家たちと付き合い始め、絵を描き、作曲し、海外を旅して回ったことで、“ずっと残る何かを作り出すこと”を意識するようになる。

そんな新生ブロディが新境地に挑んだのが本作『クリーン ある殺し屋の献身』。孤独なゴミ清掃員として生きる、過去を捨てた凄腕の殺し屋の男を演じているが、本作では主演だけでなく、製作・脚本・音楽まで手掛け、その多才ぶりを存分に発揮している。

さらに、9月にNetflixで配信されるマリリン・モンローの生涯を描いた『ブロンド』では、モンローと離婚した劇作家のアーサー・ミラーを演じるなど、今後も挑戦的な役柄が続く。進化し続けるエイドリアン・ブロディの活躍から今後も目が離せない。

『クリーン ある殺し屋の献身』は9月16日(金)より、全国ロードショー。

作品情報

クリーン ある殺し屋の献身
2022年9月16日(金)より、全国ロードショー

STORY
名前も分からないその男は、《クリーン》と呼ばれていた。深夜の街でゴミ回収車を走らせ、廃品や廃屋の修理を趣味にしている寡黙な男。そんな孤独な日々の中、クリーンは隣人のディアンダという少女と心を通わせていた。だがある時、事件が起きてしまう。街を支配している麻薬ギャングたちがディアンダに目をつけ、手を出してきたのだ。ディアンダを救い出すため、クリーンはアジトに乗り込みチンピラたちを半殺しにしてしまう。だがその中に、ギャングのボスであるマイケルの息子がいた。復讐のため、マイケルは組織を総動員してクリーンを追う。警察もギャングに加担しており、もはや逃げ場はない。クリーンはディアンダを護るため再び銃をとり、たった1人で反撃を挑んでゆくが……。

出演:エイドリアン・ブロディ、グレン・フレシュラー、リッチー・メリット、チャンドラー・アリ・デュポン、ミケルティ・ウィリアムソン、ミシェル・ウィルソン、ジョン・ビアンコ、RZA
監督・製作・脚本:ポール・ソレット「キラー・ドッグ」/製作・脚本・音楽:エイドリアン・ブロディ/製作:ダニエル・ソリンジャー、エリオット・ブロディ/撮影:ゾーラン・ポポヴィック
2021年/アメリカ映画/英語/94分/シネマスコープ/原題:CLEAN/字幕:田崎幸子
提供:ニューセレクト/配給:アルバトロス・フィルム

© 2018 A Clean Picture, LLC All Rights Reserved.

公式サイト clean-kenshin.com

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事