アメリカ最大級の夏フェスで伝説のミュージシャンたちが魅せる、奇跡の音楽ドキュメンタリー『真夏の夜のジャズ』が「ジャズの父」と呼ばれる伝説のミュージシャン、ルイ・アームストロングの誕生日の2021年8月4日(水)にブルーレイで発売されることが決定した。

1958年アメリカ最大級の音楽フェスティバル「ニューポート・ジャズ・フェスティバル」は、日本のジャズシーンの方向性を決定づけたと言われる伝説の夏フェス。その模様を中心に捉え、昨夏公開され単館系の上映ながら大ヒットを記録したドキュメンタリー映画『真夏の夜のジャズ 4K修復版』が、日本オリジナル仕様で初ブルーレイ化されることが決定。本作に出演しているルイ・アームストロングの誕生日である8月4日(水)に発売される。

ルイ・アームストロングは“サッチモ”という愛称でも有名な「ジャズの父」「ポップス」とも呼ばれる20世紀を代表するジャズ・ミュージシャン。スキャットの第一人者としても有名で、代表曲には映画『グッド・モーニング、ベトナム』をはじめ、様々なCMやミュージシャンにカバーされた「この素晴らしき世界」などがある。1901年8月4日生まれで今年は生誕120年であると同時に、1971年死没のため没後50年にも当たる。

本作には、そのルイ・アームストロングのほか、ジャズ界有数の作曲家として多くのミュージシャンに影響を与えた=セロニアス・モンク、ザ・ビートルズやローリングストーンズ、ビーチ・ボーイズなど多くのミュージシャンにカバーされ「ロックの創造者」と呼ばれた=チャック・ベリーなど、伝説のミュージシャンたちが続々と登場する、夢のような奇跡の音楽ドキュメンタリーである。

監督は、撮影当時わずか28歳で新進気鋭のカメラマンだったバート・スターン。その後オードリー・ヘプバーンやマドンナ、マリリン・モンローなどを撮影する大御所写真家となった。また、舞台となった風光明媚な港町ニューポートや、当時のトレンドを身にまとった観客たちのファッションも注目を集めた。

ブルーレイには、今年4月に4K修復版が上映され話題となった『戦場のメリークリスマス』(監督:大島渚/音楽・出演:坂本龍一)などの音楽制作に携わった世界的エンジニア、オノ セイゲン(サイデラ・マスタリング)がリマスタリング。本国からオーソライズされた新たな5.1ch (48Khz 24bit)と2.0ch mono (96KHz 24bit)の本編音声、BOXケース、特製ブックレットと、コレクターズ・アイテムとしてふさわしい、日本オリジナルの仕様になっている。

さらに、映像特典としてバート・スターン監督の秘蔵インタビュー、監督夫人シャナ・スターンが監督したドキュメンタリー映画『バート・スターン Original Madman』、出演ミュージシャンのフォトギャラリーなどを収録。ファンにはたまらないアイテムになること必至だ。

リリースに先駆け、著名人からのコメントが到着!

ジャズに関するよりも、アメリカに関するよりも遥かに、夢や神話に関する映画。予備知識は0から100までご自由に。シェイクスピアの時代を経由した、古代から続く、<真夏の夜の夢>をご体験ください。

菊地成孔(音楽家/文筆家)

ジャズの他にゴスペル、リズム&ブルーズ、ロックンロールまであります。
理屈も知識も一切いらない、映像を観ていれば楽しめる今の季節にぴったりの映画です。

ピーター・バラカン(ブロードキャスター)

ジャズ・ファンなら誰でも知っているニューポート・ジャズフェスとアメリカズカップをそのまま捉えたドキュメンタリー映画、と思って楽しみにとりかかったところ、あれらの素晴らしい演奏の真の状態を伝えるいくつかの音声マスターの存在も知った。フォトグラファーであるバート・スターン監督の横でジャズのプロデューサー、アバキャン兄弟が映画用に音楽の尺を綿密に編集していたことが窺える。
この度、発売される2021年バージョンには、原権利者にオーソライズされる新規の5.1chと、初公開当時のサウンドを最上の形で再現するmonoの音声トラックが収録される。ロラン・バルトの言葉に倣えば「新規の」ものでありながら、まったく「新品だ」というわけでもない。考古学発掘調査のようなパズルの組み合わせによる、誰も聞いたことがない新しい『真夏の夜のジャズ』。

オノ セイゲン(2021バージョンのマスタリングエンジニア)

作品情報

CAST(演奏者)
ルイ・アームストロング
セロニアス・モンク
アニタ・オデイ
チャック・ベリー

ジミー・ジュフリー、ソニー・スティット、ジョージ・シアリング、ダイナ・ワシントン、ジェリー・マリガン、  ビッグ・メイベル・スミス、チコ・ハミルトン

マヘリア・ジャクソン

STAFF
製作・監督:バート・スターン
撮影:バート・スターン、コートニー・ハフェラ、レイ・フィーラン 
編集:アラム・A・アバキャン 
音楽監督:ジョージ・アバキャン

原題:JAZZ ON A SUMMER’S DAY
1959年|アメリカ|83分|スタンダード|2.0ch|字幕翻訳:星加久実
© 1960-2019 The Bert Stern Trust All Rights Reserved.

配給:KADOKAWA  
公式サイト:http://cinemakadokawa.jp/jazz4k/

商品情報

『真夏の夜のジャズ』セルBlu-ray
2021年8月4日(水)発売

★価格:¥6,380(税込)
★音声:①英語 リニアPCM 2.0cモノラル 96KHz 24bit
②英語 リニアPCM 5.1ch 48Khz 24bit
★字幕:日本語字幕
★映像特典
『バート・スターン Original Madman』(シャナ・スターン監督のドキュメンタリー映画)/バート・スターン監督インタビュー/フォトギャラリー/日本版予告
★封入特典
・日本オリジナル特製ブックレット(32P以上予定)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事