第91回アカデミー賞で作品賞・脚本賞・助演男優賞(マハーシャラ・アリ)の3部門を受賞し、ヴィゴ・モーテンセンが主演男優賞にノミネートされた映画『グリーンブック』が、dTVで配信スタート。「おうち時間」の充実に、この名作をじっくり味わってみてはいかがだろうか。

シリアスなメッセージ性を含みつつも、ふたりの中年男性同士の不器用な友情が物語の軸

『グリーンブック』は、人種差別が色濃く残る1960年代のアメリカ南部を舞台に、実在の黒人ジャズピアニストのドン・シャーリーと、その運転手を務めることになったイタリア系白人のトニー・バレロンガの出会いと友情を描いた物語。

いまだ差別が残る時代に黒人のピアニストとして成功した“ドクター”・シャーリーは、知的で冷静。かたやトニー・“リップ”は、下町ブロンクス育ちの粗野な気質。価値観がまったく違うふたりは当然ぶつかり合いながら、コンサートツアーという旅の中でさまざまなトラブルに直面する。

特に大きな影響を及ぼすのは、やはり人種の壁。上流階級の白人が集まるコンサートでピアノの腕を讃えられる一方で、黒人として受ける差別はなくならない。そんな中で、より古い習慣が根強いアメリカ南部ツアーを敢行するシャーリーの覚悟と孤独に直面し、トニーの心も変化していく。

シリアスなメッセージ性を含みつつも、今作の軸はふたりの中年男性同士の不器用な友情。時にコミカルに、時にエモーショナルに、ふたりの間で育まれていく絆を表現する、名優ヴィゴ・モーテンセンとマハーシャラ・アリの会話劇は必見だ。

dTVでは、マハーシャラ・アリがアカデミー賞助演男優賞に輝いた名作『ムーンライト』も配信中。

作品情報

『グリーンブック』

~作品概要~
1960年代のアメリカ南部を舞台に、黒人ジャズピアニストとイタリア系白人運転手の2人が旅を続けるなかで友情を深めていく姿を、実話をもとに描く。監督は、「メリーに首ったけ」などコメディ映画を得意としてきたファレリー兄弟の兄ピーター・ファレリー。アカデミー賞では全5部門でノミネートされ、作品賞、脚本賞、助演男優賞を受賞した。

~あらすじ~
ニューヨークの一流ナイトクラブ「コパカバーナ」で用心棒を務めるトニー・バレロンガ(ヴィゴ・モーテンセン)は、ガサツで無学ながら、“リップ”と呼ばれるほどの口の上手さで周囲から頼りにされる存在。「コパカバーナ」が改修工事に入る間、無職となってしまったトニーは、とあるピアニストの運転手の仕事を紹介される。そのピアニストとは、カーネギーホールを住処とし、ホワイトハウスで演奏した経験を持つほどの天才、ドン・シャーリー(マハーシャラ・アリ)。いまだ黒人差別が色濃く残る南部へのコンサートツアーにあたり、トニーの腕っ節と交渉力を見込まれたのだった。お互いに不服を残しつつ、ふたりは黒人専用ガイドブックの「グリーン・ブック」を頼りに、2ヶ月間のコンサートツアーに旅立っていく。

作品URL:https://video.dmkt-sp.jp/ti/10025099/

©2019 UNIVERSAL STUDIOS AND STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事