『ジュマンジ』シリーズのドウェイン・ジョンソンが新作『Red One(原題)』で『ワイルド・スピード』シリーズの脚本家クリス・モーガンと再タッグを組む。ドウェインとクリス・モーガンのタッグは『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』以来。ドウェインが自身のインスタグラムで発表した。

ドウェイン・ジョンソン
"Dwayne Johnson" by Eva Rinaldi Celebrity Photographer is licensed under CC BY-SA 2.0
「もしホブスと『三十四丁目の奇蹟』を組み合わせたらどうなるか想像してみて」

『レッド・ワン』はクリスマスをテーマにした作品。題名からすると、サンタクロースをアクションヒーローとして描く映画になるのかもしれない。まだストーリーなどは明らかにされていないものの、ドウェインはインスタグラムの投稿コメントの中で本作について「もしホブスと『三十四丁目の奇蹟』を組み合わせたらどうなるか想像してみて」と解説。

ホブスは『ワイルド・スピード』シリーズで彼が演じるキャラクター。『三十四丁目の奇蹟』はリメイクもされたクリスマス映画の名作の一本。クリスマスを舞台にした楽しくも壮大で感動的なアクション映画に仕上がる予感だ。

さらにドウェインは「この映画を監督できるのはたった一人しかいません…。その発表はもうすぐです」と楽しみな予告をしつつ、「クリスマスは1年で最も好きな時期です。皆さんとご家族のためにこの映画を作ることができてとても嬉しい」とメッセージを締めくくっている。

製作はアマゾン・スタジオ。2022年に撮影され、2023年のホリデーシーズンに公開される予定となっている。

ドウェイン・ジョンソンは『ジャングル・クルーズ』が間もなく公開予定。2021年7月29日(木)映画館 &7月30日(金)ディズニープラス プレミア アクセス公開となっている(*プレミア アクセスは追加支払いが必要)。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事