第39回香港電影金像奨で11部門ノミネートされた話題作『花椒の味』が11月5日(金)より新宿武蔵野館ほかにて全国順次公開。このたび、主人公三姉妹の家族の絆を感じられる場面写真が一挙に公開された。

三姉妹の長女ユーシューを演じるのは香港のトップスター、サミー・チェン

香港、台北、重慶---別々の土地で育った三姉妹は、父親の死でお互いの存在を初めて知り、出会う。父の火鍋店を継ぎ、秘伝のスープを再現する過程を通して、家族の温かさを知り、家族と自分自身と向き合う、癒しと成長の三姉妹の物語。

三姉妹の長女ユーシューを演じるのは、香港のトップスター、サミー・チェン(鄭秀文)。本作では、芯の強い長女を演じている。次女ルージーは、台湾の女優メーガン・ライ(賴雅妍)。クールさと可愛らしさの二面性を見事に演じ分ける。三女ルーグオは、リー・シャオフォン(李曉峰)。三女らしい素直さと、くるくる変わる表情が魅力だ。

ユーシューが心を開く麻酔医チョイ・ホーサン(蔡浩山)に、リッチー・レン(任賢齊)。元婚約者クォック・ティンヤン(郭天恩)に、アンディ・ラウ(劉德華)。ルージーの母親ジャン・ヤーリン(張雅玲)役に、台湾のベテラン、リウ・ルイチー(劉瑞琪)。ルーグオの祖母リウ・ファン(劉芳)役に、中国国家一級俳優のウー・イエンシュー。頼りないけど愛ある父親ハー・リョン(夏亮)役に、歌手・俳優のケニー・ビー(鍾鎮濤)。

脚本・監督は『烈日当空(原題)』(監督)『恋の紫煙』(脚本)のヘイワード・マック(麥曦茵)。プロデューサーは、香港電影金像奨を6度受賞し、2020年ヴェネチア国際映画祭で生涯功労賞の金獅子賞を受賞したアン・ホイ(許鞍華)。監督の才能にほれ込み、バックアップする。

今回公開されたスチールは、家族の絆を感じて寛ぐ三姉妹の様子や、後を継いだ火鍋店の様子などをとらえている。また、ユーシューを支える2人の男性、アンディ・ラウ、リッチー・レンとのもどかしい関係をとらえたスチールも公開された。

作品情報

花椒(ホアジャオ)の味
2021年11月5日(金)より 新宿武蔵野館ほか全国順次公開

【Story】
疎遠になっていた父が、突然店で倒れた。ユーシュー(如樹/サミー・チェン)は、会社から病院に駆けつけるが、もう亡くなった後で話すこともできなかった。久しぶりに店に来て、渡された父の携帯から、自分の名前に似た知らない名前を見つける。葬儀の日、台北からプロのビリヤード選手でボーイッシュな次女ルージー(如枝/メーガン・ライ)、重慶からオレンジの髪色で表情豊かな三女ルーグオ(如果/リー・シャオフォン)が現れ、初めて 3 人の異母姉妹が顔を合わせる。香港島大坑(タイハン)にある、父が経営していた火鍋店「一家火鍋」の賃貸契約はまだ残っており、解約すれば違約金も発生する。従業員もいる。ユーシューは、父の店を継ぐことを決心する。しかし、誰もレシピを知らないため、常連客の望む“父の麻辣鍋”のスープが作れない。客足は少しずつ遠のく。ルージー、ルーグオも駆けつけ、三姉妹は、なんとか父秘伝の味を再現しようと奮闘する。


出演:サミー・チェン(鄭秀文)、メーガン・ライ(賴雅妍)、リー・シャオフォン(李曉峰)
リウ・ルイチー(劉瑞琪)、ウー・イエンシュー(吳彥姝)
特別出演:リッチー・レン(任賢齊)、ケニー・ビー(鍾鎮濤)
友情出演:アンディ・ラウ(劉德華)
プロデューサー:アン・ホイ(許鞍華) ジュリア・チュー(朱嘉懿)
脚本・監督:ヘイワード・マック(麥曦茵)
音楽:波多野裕介
2019 年/香港/広東語・北京語/118 分/シネマスコープ/5.1ch/原題:花椒之味/英題:Fagara/日本語字幕:最上麻衣子/字幕協力:大阪アジアン映画祭/G

配給:武蔵野エンタテインメント株式会社

©2019 Dadi Century (Tianjin) Co., Ltd. Beijing Lajin Film Co., Ltd. Emperor Film Production Company Limited Shanghai Yeah! Media Co., Ltd. All Rights Reserved.

公式サイト:fagara.musashino-k.jp

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事