2015年に「Esquire」誌に掲載され全米雑誌大賞を受賞した傑作エッセーの映画化『Our Friend/アワー・フレンド』が10月15日(金)より新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座他にて全国公開。このたび主演ダコタ・ジョンソンのコメントが解禁。 また場面写真も一挙に解禁された。

ケイシー・アフレック、ダコタ・ジョンソン、ジェイソン・シーゲルの3人が豪華共演

2人の幼い娘を育てながら懸命に毎日を送っていたジャーナリストのマット(ケイシー・アフレック)と妻で舞台女優のニコル(ダコタ・ジョンソン)は、ある日突然告げられたニコルへの末期がんの宣告で生活が一変してしまう。

妻の介護と子育てによる負担がマットに重くのしかかる中、過去に生きる希望を失いかけた時に2人から心を救われた親友デイン(ジェイソン・シーゲル)が一家を支えるためやってくる。2年にも及ぶ闘病生活。3人の想いと苦悩が交差する中で彼らが見つけた希望とは‥‥。

マット役には『マンチェスター・バイ・ザ・シー』でアカデミー賞主演男優賞を受賞したケイシー・アフレック。妻ニコル役には『フィフティ・シェイズ』シリーズで一躍注目を浴び、その後も『サスペリア』『ザ・ピーナッツバター・ファルコン』等話題作が続くダコタ・ジョンソン。そして 2 人の親友デイン役には多くのコメディ作品に出演し、幅広い演技に定評のあるジェイソン・シーゲル。名実ともにキャリアを積み上げてきた多才な3人がみせる名演も見逃せない。

「見たことのない美しさと正直さがあって、そして勇気あるストーリーだった」

このたび解禁されたのは、美しい小さな町で過ごす彼らのかけがえのない日々を切り取った場面写真。本作の舞台は、海岸にそった自然豊かなアラバマ州・フェアホープ。マットとニコルの親友デインが子供たちに寄り添い、ともに過ごしたその親密な時間を子供たちの弾ける笑顔から伺い知ることができる。

原作者であるマシュー(マット)・ティーグは、当初エッセーの執筆に際し「あまりにも平凡で日常的なものになるのではないか」と案じていたという。しかし、ニコル役を演じたダコタ・ジョンソンはのちに振り返る。

「(原作エッセーは)今までほかに見たことのない美しさと正直さがあって、そして勇気あるストーリーだった。あそこまでの思いやりと勇気ある決断…この映画でのそれらの描かれ方はとても美しいと思った。出演を決めたわ。登場人物、彼らの関係性。このストーリーは、多くの人が共感できるものだと感じたの」

作品情報

Our Friend/アワー・フレンド
2021年10月15日(金)新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座ほか全国ロードショー

<STORY>
仕事に打ち込むジャーナリストのマット(ケイシー・アフレック)と妻で舞台女優のニコル(ダコタ・ジョンソン)は、2人の幼い娘を育てながら懸命に毎日を送っていた。しかし、ニコルが末期ガンの宣告を受けた日から、一家の生活は一変してしまう。妻の介護と子育てによる負担が日に日に重くのしかかるマット。そんな彼に救いの手を差し伸べたのは、辛く苦しい時も長年支え合ってきた 2 人の親友・デイン(ジェイソン・シーゲル)だった。デインもまた、かつて人生に絶望した時にマットとニコルから心を救われた過去を持っていた。デインは、彼らを手伝うため、はるばるニューオーリンズからアラバマ州の田舎町フェアホープまで車を走らせ、ティーグ家に住み込んでサポートすることに。2 年にも及ぶ闘病生活。3人の想いと苦悩が交錯していくなかで、愛と友情の先に彼らが見つけた希望とは……。

監督:ガブリエラ・カウパースウェイト 脚本:ブラッド・イングルスビー(『ファーナス/訣別の朝』『シングルマザー ブリジットを探して』)
原作:マシュー・ティーグ (「The Friend: Love Is Not a Big Enough Word」)
キャスト:ケイシー・アフレック、ダコタ・ジョンソン、ジェイソン・シーゲル、チェリー・ジョーンズ、グウェンドリン・クリスティー
2019 年/米/英語/126 分/カラー/ビスタ/5.1ch/原題:Our Friend/字幕翻訳:神田直美/G

配給:STAR CHANNEL MOVIES

© BBP Friend, LLC – 2020

公式サイト:https://our-friend-movie.com/

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事