⾳楽史にその名を刻む偉⼤なアイコン、デヴィッド・ボウイの若き⽇と“ジギー・スターダスト”誕⽣を描いた映画『スターダスト』が10⽉8⽇(⾦)よりTOHOシネマズ シャンテほかにて公開。このたび、本作の予告編とポスタービジュアルが解禁となった。

「1⼈でも君の曲を信じれば、世界は変えられる」

本作では、デヴィッド・ボウイがアルバム『ジギー・スターダスト』(1972)を発表する前年、 初の全⽶プロモーションツアーに挑む様⼦が描かれる。やがて誰もが知ることになるデヴィッド・ボウイの、誰も知らない若き日の物語だ。

このたび公開された予告編は、ジョニー・フリン演じるデヴィッドが 1971年にイギリスから初めてアメリカを訪れ、ワシントンD.Cの空港に到着したシーンから始まる。検問で名前を聞かれるが「デヴィッド・ボウイ」の名はまだ知られていない。

その他にも予告編では、「このアルバムは伝説となる。君が死んだらな」というマネージャーのセリフや、「変⼈のフリだろ?」「悲惨 憂鬱 不可解」という声などがちりばめられ、彼が当時はまだ世間に理解されていなかった事が伝わってくる。

マーキュリー・レコードのパブリシスト、ロン・オバーマンが「1⼈でも君の曲を信じれば、世界は変えられる」とデヴィッドに語りかけるシーンも収められており、2⼈によるロードムービーの要素も覗かせる。

映画では、最も有名な別⼈格“ジギー・スターダスト”を⽣み出すきっかけとなった瞬間の舞台裏、キャリアのターニングポイント、それに関わった⼈たち、そして彼の内⾯が描かれていく。

また、メインビジュアルには予告編にも収められているデヴィッド・ボウイのアルバム「スペイス・オディティ」を連想させる宇宙⾶⾏⼠姿のデヴィッドが、象徴的な⾚い髪のデヴィッド・ボウイを背景に映されており、 誰もが知るデヴィッド・ボウイという宇宙を彷徨う、誰も知らない若き⽇のデヴィッドの姿を捉えている。

作品情報

スターダスト
2021年10月8日(金)より、TOHOシネマズ シャンテ ほか全国公開

監督:ガブリエル・レンジ
プロデューサー:ポール・ヴァン・カーター, ニック・タウシグ, マット・コード
脚本:クリストファー・ベル, ガブリエル・レンジ
CAST:ジョニー・フリン/ジェナ・マローン/デレク・モラン/アーロン・プール/マーク・マロン
2020年|イギリス/カナダ|109分|原題:STARDUST|PG12

提供:カルチュア・パブリッシャーズ/リージェンツ
配給:リージェンツ

©COPYRIGHT 2019 SALON BOWIE LIMITED, WILD WONDERLAND FILMS LLC

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事