リドリー・スコットが製作総指揮を務め、昨年の SXSW 映画祭で絶賛された全米の“ドーナツ王”と呼ばれた、ある男の人生に迫った驚きのドキュメンタリー『The Donuts King』が邦題『ドーナツキング』として11月12日(金)より、新宿武蔵野館他にて全国順次公開が決定。あわせてポスタービジュアルが解禁された。

誰もが大好きなドーナツにまつわる、誰も知らない真実に驚愕

カリフォルニア州のドーナツ店の90%以上はカンボジア系アメリカ人が経営していることを知っているだろうか? アメリカ国内には約2万5,000 店以上のドーナツ店があり、そのうちカリフォルニア州には5,000店舗がある。住人たちの朝の車通勤の定番は、「ドーナツ2個と1杯のコーヒー」。そんなアメリカ人が愛してやまないドーナツ店の経営を始めて資産 2 千万ドル(日本円で約 22 億円)をも所有する“ドーナツ王”となったカンボジア人男性がいた!

彼の名はテッド・ノイ。誰もがうらやむアメリカンドリームを掴んだ彼は、なぜアメリカに渡り、いかにして現在も脈々と継がれるドーナツ店経営に至ったのか―。ドーナツの穴を覗き込むようにテッドの人生を覗き辿ってみると、カンボジア内戦、難民問題、大手チェーン店 VS 個人経営店の最新ドーナツ事情まで、幾多の困難を乗り越えながら、思いもよらぬ方向へ転がった人生と数奇なエピソードが見えてくる。

監督は、新人ながら昨年の SXSW でその才能を絶賛された注目の女性監督、アリス・グー。誰もが大好きなドーナツにまつわる、誰も知らない真実に驚愕し、劇場を後にする頃には、もうドーナツが食べたくて仕方ない、好奇心とお腹を刺激する作品が誕生!

リドリー・スコット「今こそ、この物語が語られるべき重要な時期」

あわせて公開されたポスターには、スイートなドーナツ、ドーナツ、ドーナツ‥‥に囲まれたドーナツキングの姿が。「誰もが大好きなドーナツの誰も知らない驚きの真実」というコピーが添えられ、決して甘いだけでは終わらなさそうなストーリーを予感させる。

リドリー・スコットは製作総指揮を務めた経緯について、「テッド・ノイのような複雑なキャラクターに心惹かれるからです。彼は、何もないところから出発しビジネスの手腕と家族全員の勤勉さで、アメリカンドリームを成し遂げた人物。この作品は、我々が生きるこの時代に重要な意味を持つ映画と言えます。難民がチャンスを得たとき、何が起こるのかをこの映画は示してくれる。今こそ、この物語が語られるべき重要な時期なのです」とコメントしている。

作品情報

ドーナツキング
2021年11月12日(金)新宿武蔵野館他全国順次ロードショー

出演:テッド・ノイ、クリスティ、チェト・ノイ、サヴィ・ノイほか
監督:アリス・グー 製作総指揮:リドリー・スコット
2020│アメリカ│5.1ch│カラー│ビスタ│原題:The Donut King│日本語字幕:橋本裕充│配給:ツイン

© 2020- TDK Documentary, LLC. All Rights Reserved.

公式サイト:donutking-japan.com

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事