『オリエント急行殺人事件』『TENET テネット』などで俳優・監督として活躍する英国の才人ケネス・ブラナー監督が自身の少年時代を描く半自伝的映画『ベルファスト(原題)』(Belfast)の第一弾海外予告が公開された。ジェイミー・ドーナン、カトリーナ・バルフ、ジュディ・デンチらが出演。

ケネス・ブラナー
"Kenneth Branagh" by mseckington is licensed under CC BY 2.0
「この映画は非常に個人的な映画です」

本作は、ブラナー監督が幼少期を過ごした北アイルランド「ベルファスト」での生活を題材にした物語。地域紛争に揺れる激動の1960年代・北アイルランドを舞台に、9歳の映画好きの少年バディとその家族の物語が綴られる。

ブラナー監督の分身となる少年バディ役を新人のジュード・ヒルが演じ、『フィフティ・シェイズ』シリーズのジェイミー・ドーナンと『アウトランダー』のカトリーナ・バルフがバディの両親役で出演。さらに『裏切りのサーカス』のキアラン・ハインズと『キャッツ』のジュディ・デンチがバディの祖父母を演じる。

予告編の冒頭ではこれらのキャストたちが紹介され、現在のベルファストから1969年のベルファストへと舞台が移り変わっていく。それに伴い、映像もカラーからモノクロへと変化。少年バディの新鮮な日常が詩的な映像で綴られ、視覚的にも強烈な印象を残す予告編となっている。

ブラナー監督は『マイティ・ソー』『オリエント急行殺人事件』などの大作も手掛けているが、本作はより小規模でパーソナルな作品。監督・脚本・製作を兼任するブラナーは次のように語っている。

「この映画は非常に個人的な映画で、一部はベルファスト、一部は他の場所、一部は過去、一部は現在を舞台にしています。ユーモアがあり、感情を揺さぶる作品にしたいと思っています」

11月12日に全米公開予定。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事