ハンプトン国際映画祭における映画『マザリング・サンデー(原題)』 (Mothering Sunday)のプレミアに女優のオデッサ・ヤングが登場。ディオール 30モンテーニュのホワイトウール&シルクの「バー」ジャケットに、ショートパンツといった装いで姿を見せた。

オデッサ・ヤングはオーストラリア出身の女優。2015年の『The Daughter(原題)』で注目され、Elle Magazineで「オーストラリアで最も輝く新星」と呼ばれる存在に。2018年の『グッバイ、リチャード!』では主演ジョニー・デップの娘役を演じ、話題をさらった。

新作映画『マザリング・サンデー(原題)』はイギリスの作家グレアム・スウィフトの同名小説を映画化した作品。第一次大戦後を舞台にしたラブストーリーで、『ザ・クラウン』のジョシュ・オコナーをはじめ、オリヴィア・コールマン、コリン・ファースらが豪華共演している。

クリスチャン ディオール
https://www.dior.com

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事