『ブレイド・マスター』『修羅 黒衣の刺客』で、中国武狭アクションに新風を吹き込んだルー・ヤン監督が5年の歳月をかけて作り上げ、中国で168億円超えのメガヒットを記録した『刺殺小説家(原題)』が邦題『ゴッドスレイヤー 神殺しの剣』として2022年1月28日(金)より新宿ピカデリーほか全国公開されることが決定。現実と虚構が入り乱れる、壮大な世界観を感じさせるポスターも完成した。

小説家が書き綴る「神殺し」と冠された異世界の物語によって現実が変えられていく

執筆する内容が現実世界に影響を及ぼす能力をもつ小説家、ルー・コンウェン(ドン・ズージェン)。彼が書き綴る「神殺し(ゴッドスレイヤー)」と冠された異世界の物語によって、現実が変えられていく。小説の完結を阻止したい、ある巨大企業からの依頼で、グアン・ニン(レイ・ジャーイン)は数年間探し続けている行方不明の娘の居場所と引き換えにコンウェンの暗殺を請け負うことに。娘のためにコンウェンを殺そうと何度も試みるが、どうしても踏み切れないグアン・ニンは、逆に小説を完結させることで自分自身の現実を変えようとするのだが…。

現実離れしたエキゾチックな地方都市の風景から、都市ごとに人々が殺し合い、恐ろしい武器を持った巨大な兵士が街を闊歩する小説内の異世界まで、独特なタッチで幻想的かつ緻密な世界観を創り出した制作チームは、作品に豊かな質感を与えるため、最新のモーションキャプチャーやバーチャルシューティングの手法を採用。観る者の想像力を刺激する凄惨ながらも美しい情景が、謎が謎を呼ぶ物語の展開に彩りを加える。

公開決定にあわせて、虚構と現実が入り交じる、大迫力のポスターも解禁。巨大な鬼やクリーチャーなども描かれ一体誰が味方で敵なのか、想像を絶する物語の展開を感じさせるビジュアルだ。まさに、映画だからこそ描くことが出来た、革新的ファンタジー・アクション超大作の誕生を予感させるポスターとなっている。

公開情報

ゴッドスレイヤー 神殺しの剣
2022年1月28日(金)より新宿ピカデリーほか全国順次ロードショー

監督: ルー・ヤン『ブレイド・マスター』『修羅 黒衣の刺客』
出演: レイ・ジャーイン『修羅 黒衣の刺客』 ヤン・ミー『修羅 黒衣の刺客』「永遠の桃花~三生三世~」
ドン・ズージェン『ナミヤ雑貨店の奇蹟 -再生-』『山河ノスタルジア』 ユー・ハーウェイ「三国志〜司馬懿 軍師連盟〜」
2021年/中国/中国語/130分/ビスタ/5.1ch/英題:A Writer’s Odyssey(原題:刺殺小説家)/字幕翻訳:島根磯美/R-15+

配給: ツイン

© 2021 Huace Pictures (Shanghai) Co., Ltd., Free Whale Pictures Co., Ltd. & Huace Pictures (Tianjin) Co., Ltd. All Rights Reserved.

公式サイト godslayer-movie.com

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事