日本初公開のクロアチア映画4作品を上映する第一回「クロアチア映画祭」が12月17日(金)〜2021年12月19日(日)まで東京都写真美術館1Fホールにて開催される。

日本初となる「日本クロアチア映画祭」は、クロアチア映画作品のみを上映する映画祭。記念すべき第一回は厳選の4作品を日本語字幕で見られる貴重な機会となる。上映作品は『釣りと漁師の対話』『半透明の水っぽいレバスの偶然の贅沢』『タンブリツァを響かせて』『ラダ・カミンスキの本当の姿』の4本。12月17日(金)にはオープニングセレモニーも行われる。

上映作品

釣りと漁師の対話「Fishing and Fishermen's Conversations」(2020年、監督 : ミラン・トレンツ、97分)
半透明の水っぽいレバスの偶然の贅沢「Accidental Luxuriance of the Translucent Watery Rebus」(2020年、監督 : ダリボル バリッチ、81分)
タンブリツァを響かせて「Po Tamburi」(2021年、監督 : スタニスラフ・トミッチ、80分)
ラダ・カミンスキの本当の姿「Lada Kamenski」(2018年、監督:マルコ シャンティッチ、75分)
開催情報

第一回「日本クロアチア映画祭」

<開催日時> 2021年12月17日(金)~2021年12月19日(日)
<開催場所> 東京都写真美術館 1Fホール(東京都目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内)
https://topmuseum.jp/contents/pages/access_index.html
JR恵比寿駅東口より徒歩約7分、東京メトロ日比谷線恵比寿駅より徒歩約10分
<上映作品> ※全作品日本語字幕付
『釣りと漁師の対話』
『半透明の水っぽいレバスの偶然の贅沢』
『タンブリツァを響かせて』
『ラダ・カミンスキの本当の姿』
上映スケジュールは公式サイト(https://www.japancroatia.org/filmfestival/)にてご確認ください。

【チケット購入】チケットぴあ・東京都写真美術館・有隣堂書店アトレ恵比寿店、または日本クロアチア映画祭公式サイト(https://filmfestival.base.shop)※チケットぴあでの販売分のみ事前座席指定。それ以外での購入は当日座席指定となります。
・各回定員入れ替え制、立ち見不可となります。
・ご購入されたチケットのお客様の都合による変更取り消しはできかねます。
・チケットぴあでの前売りは2021年12月15日までとなります。

<主 催>一般社団法人 日本クロアチア協会  
<後 援>駐日クロアチア共和国大使館
<協 賛>株式会社エアトリ、株式会社 松竹エンタテインメント、クヴァルネル観光局、ポルクリニック ディオメド・ラレム
<企 画>GOOD IDEA合同会社、株式会社ピープルコミュニケーションズ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事