第38回サンダンス映画祭でプレミア上映され話題を呼んだ北欧発のイノセントホラー『HATCHING(英題)』(原題:Pahanhautoja)が、邦題『ハッチング―孵化―』として2022年4月15日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷、新宿シネマカリテ他にて全国順次公開されることが決定。あわせてポスター&予告編が解禁された。

卵から生まれた‘それ’は、幸福な家族の仮面を剥ぎ取っていく…。

『ぼくのエリ 200歳の少女』『ボーダー 二つの世界』に続いて、北欧から新たな傑作ホラーが日本上陸。少女が孵化させた卵が、絵に描いたような幸せな家族のおぞましい真の姿をさらしていく―。今年1月下旬に開催されたばかりのサンダンス映画祭のプレミア上映では、不穏でありながらも美しさを感じさせる作品として世界を驚愕させ、今年3月に本国フィンランドでの公開を控える注目の最新作だ。

北欧フィンランド。12歳の少女ティンヤは、完璧で幸せな自身の家族の動画を世界へ発信することに夢中な母親を喜ばすために全てを我慢し自分を抑え、体操の大会優勝を目指す日々を送っていた。ある夜、ティンヤは森で奇妙な卵を見つける。家族に秘密にしながら、その卵を自分のベッドで温めるティンヤ。やがて卵は大きくなりはじめ、遂には孵化する。卵から生まれた‘それ’は、幸福な家族の仮面を剥ぎ取っていく…。

主人公の少女ティンヤを演じるのは1200人のオーディションから選ばれたシーリ・ソラリンナ。母親を喜ばせるために自分を抑制する、この年代特有の儚さやあやうさを、初演技ながら見事に演じきっている。母親役はフィンランドで多くの作品に出演するソフィア・ヘイッキラ。理想の家族像を作り上げ、娘を所有物として扱う自己中心的な母親を演じている。メガホンをとるのは多くの短編作品を世界の映画祭に出品して高い評価を受け、今回が長編デビュー作となる新鋭女性監督ハンナ・ベルイホルム。北欧ならではの明るく洗練された一家の中に潜む恐怖を見事に切り取ってみせている。

今回解禁されたポスターは、ソファを囲んで寄り添う仲睦まじい4人家族の姿が見てとれる。だが、父親、母親、弟の顔は奇妙な仮面で覆われており、唯一顔をさらしているティンヤは巨大で不思議な卵を抱えている印象的でありながら不穏さも感じさせるビジュアルとなっている。

予告編は、誰もがうらやみそうな幸せそうな家族の姿を自らのブログで紹介する誇らしげな母親の姿から始まるが、1羽の鳥が家にまぎれこみ、彼女の冷徹な一面が見えたところから雰囲気は一変する。

森で拾った卵を自らの手で育てるティンヤ。卵は次第に大きくなり、やがて孵化する。卵から出てきた何かをきっかけに、美しいフィンランドの町を舞台に、様々な恐ろしい事件が繰り広げられる様子が確認でき、新たな傑作北欧ホラーの誕生を予感させる映像となっている。

作品情報

ハッチング―孵化―
2022年4月15日(金)ヒューマントラストシネマ渋谷、新宿シネマカリテ他にて全国順次ロードショー

監督:ハンナ・ベルイホルム
出演:シーリ・ソラリンナ ソフィア・ヘイッキラ ヤニ・ヴォラネン レイノ・ノルディン

原題:Pahanhautoja/英題:HATCHING/2022年/フィンランド/カラー/ビスタ/5.1chデジタル/91分/字幕翻訳:中沢志乃/PG12

配給:ギャガ

© 2021 Silva Mysterium, Hobab, Film i Väst

公式サイト gaga.ne.jp/hatching/

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事