チェルノブイリ原子力発電所で起きた「人類史上最悪」といわれる原発事故を、事故の当事国だったロシア映画界が実話に基づいて映像化した『チェルノブイリ1986』(5月6日公開)の衝撃的な内容を捉えた予告編が解禁となった。

「そうなればこの国はおろか、ヨーロッパが終わる」

1986年4月26日、ウクライナ・ソビエト連邦プリピャチのチェルノブイリ原子力発電所で起きた爆発事故。この未曾有の大惨事は、のちに超大国のソ連が崩壊した一因になったとも言われ、数多くのドキュメンタリーなどで映像化されてきた。

本作は、ロシア映画界が政府や国営原子力企業の協力を得て、他とは全く違った視点から事故の真実を描く作品。人々の日常生活や生命をどれほど脅かし、彼らの人生に壊滅的な影響を与えたのか。事故発生当時、現地で撮影した経験を持つプロデューサーが、爆発直後に現場に急行した消防士たちの苦闘や避難民たちの混乱ぶりなど、一般市民の視点からリアルに映し出した、映画だからこそ描けたヒューマン・スペクタクル巨編だ。

今回解禁となった予告編は、1986年4月26日午前1時23分にチェルノブイリ原子力発電所が事故を起こした瞬間からはじまる。

かつてこの町は原発の恩恵を受け人々は豊かに暮らしていた。若き消防士のアレクセイは、元恋人のオリガと10年ぶりに再会し「家族になろう」と誓う。そんな彼が目にしたのは、原子炉から煙が立ち上る不穏な光景だった。

アレクセイは事故対策本部の会議に出席するが、「このままだと水蒸気爆発が起きて、放射能物質が噴き出す。そうなればこの国はおろか、ヨーロッパが終わる」という危機的状況を教えられる。

その時オリガは、何が起きているか知らされぬまま、被爆してしまった息子を抱えバスに乗っていた。やっとアレクセイと会うことができたが、不安な気持ちが爆発し激しく責めてしまう。そんなオリガを優しく抱きしめるアレクセイ。再び「帰ってきたら海の見える家で暮らそう」と約束すると、2次爆発を阻止するため発電所に向かってしまう…。

一人の消防士は世界の未曾有の危機にどう立ち向かうのか? そして愛する人のために戻ってくることができるのか? 物語の行く末が気になる内容となっている。

『チェルノブイリ1986』は5月6日(金)新宿ピカデリーほか全国ロードショー。

作品情報

チェルノブイリ1986
2022年5月6日(金)新宿ピカデリーほか全国ロードショー

製作・監督・主演:ダニーラ・コズロフスキー『ハードコア』
製作:アレクサンドル・ロドニャンスキー『殺人狂騒曲 第9の生贄』
出演:オクサナ・アキンシナ『ミッション・イン・モスクワ』、フィリップ・アヴデエフ『LETO-レト-』
原題:Chernobyl 1986
2020 年/ロシア/ロシア語/135 分/シネスコ/5.1ch
字幕翻訳:平井かおり/字幕監修:市谷恵子/配給:ツイン G

©«Non-stop Production» LLC, ©«Central Partnership» LLC, ©«GPM KIT» LLC, 2020. All Rights Reserved.

公式サイト chernobyl1986-movie.com

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事