アジア系俳優ジャスティン・チョン監督&主演、アリシア・ヴィキャンデル共演の感動作『ブルー・バイユー』が本日2月11日(金)より日本公開されたのを記念して、本編映像が解禁された。アリシア・ヴィキャンデル演じるキャシーが、映画タイトルにもなっている名曲「ブルー・バイユー」を歌唱する、映画の見どころシーンの一つだ。

猛特訓したアリシア・ヴィキャンデルは、この歌がカラオケの新しい十八番に

韓国で生まれ、わずか3歳で遠くアメリカに養子に出された青年が、自身は知る由もない30年以上前の書類不備で、国外追放命令を受け、二度と戻れない危機に瀕したらどうするか? アメリカの移民政策で生じた法律の“すき間”に落とされてしまった彼は、愛する家族との暮らしを守れるのか。不器用な生き方しかできない男、大きな愛で支えようとする女、義父を失う不安を抱える少女。本作は、家族を襲う不幸に揺れ動く3人を美しい映像と共に力強く描いた、愛と感動の物語。

このたび解禁された本編映像では、主人公アントニオ(ジャスティン・チョン)の友人でベトナム移民のパーカーに招かれたホームパーティーで、司会者に逆指名されたキャシー(アリシア・ヴィキャンデル)が「ブルー・バイユー」をリクエストして歌うシーンが切り取られている。

「悩み事があって元気をなくしてた。私はいつも独りぼっち。大切な人を残してきたの。あの青い入り江(ブルー・バイユー)に」と、まるで強制送還の危機に瀕するアントニオとキャシーの気持ちを代弁するような歌詞に、思わず歌いながら目を潤ませるキャシーと、そんなキャシーの歌う姿を呆然と見つめるアントニオ。キャシーの歌声が切なく胸に響くシーンとなっている。

映画タイトルにもなっている「ブルー・バイユー」は、1963年にロイ・オービソンが発表し、リンダ・ロンシュタットのカバーで知られる名曲。今回、このシーンの為にアリシア・ヴィキャンデルはこの歌を猛特訓したらしく、現在はカラオケの新しい十八番になっているという。

映画の完成後、偶然ハワイに居合わせた夫のマイケル・ファスベンダーとジャスティン・チョン監督、アリシア・ヴィキャンデルで落ち合ってカラオケに行った際には、ジャスティンにこの曲を無理やり歌わせ、「わあ、本当に難しいね!」と言われたヴィキャンデルが「そうよ、言ったでしょ!」と言い返したというエピソードも語られている。

『ブルー・バイユー』は本日2月11日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国公開中。

作品情報

ブルー・バイユー
2022年2月11日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー

ストーリー
韓国で⽣まれ、3歳の時に養⼦としてアメリカに連れてこられたアントニオは、シングルマザーのキャシーと結婚し、娘のジェシーと3⼈で貧しいながらも幸せに暮らしていた。ある時、些細なことで警官とトラブルを起こし逮捕されたアントニオは、30年以上前の養父母による手続きの不備で移⺠局へと連⾏され、国外追放命令を受けてしまう。下手をすると強制送還されて二度と戻れない危機に瀕し、2人は裁判を起こして異議を申し立てようとするが、最低でも費⽤が5千ドルかかることがわかり途⽅に暮れる。家族と決して離れたくないアントニオはある決⼼をする。

監督・脚本・主演:ジャスティン・チョン/出演:アリシア・ヴィキャンデル、マーク・オブライエン、リン・ダン・ファム、エモリー・コーエン
2021年/アメリカ/原題:Blue Bayou 

配給:パルコ ユニバーサル映画

©2021 Focus Features, LLC.

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事