第94回アカデミー賞で脚本賞・国際長編映画賞の2部門にノミネートされ話題を呼んでいる『 The Worst Person In The World 』(原題) が7月1日(金)より日本公開されることが決定。あわせて場面写真1点が解禁された。

「恋愛ドラマに青春モノを掛け合わせて、こんなにも甘美で魅惑的なものができるとは」

本作は、世界3大映画祭のひとつであるカンヌ国際映画祭で主演のレナーテ・レインスヴェが女優賞を受賞したのを皮切りに、異彩を放つラブストーリーとして世界中の映画賞を席巻。2月8日には第94回アカデミー賞で主要部門の脚本賞・国際長編映画賞にノミネートされるという快挙を成し遂げた。『母の残像』(15)『テルマ』(17)などで知られる北欧の鬼才ヨアキム・トリアー監督による、話題沸騰中の最新作だ。

ユリヤは30歳という節目を迎えたが、人生はどうにも方向性が定まらない。いくつもの才能を無駄にしてきた。年上の恋人アクセルはグラフィックノベル作家として成功し、しきりに身を固めたがっている。ある夜、彼女は招待されていないパーティに紛れ込み、若くて魅力的なアイヴィンに出会う。ほどなくしてアクセルと別れて新しい恋愛に身を投じ、人生の新たな展望を見出そうとするが――。

本作のアメリカ公開時には、4スクリーンという限定公開ながら絶好調のスタートを切り、2020-2022年公開の外国語映画では、『パラサイト 半地下の家族』、『燃ゆる女の肖像』に続いてスクリーンアベレージ第3位を達成、映画批評家サイト「ロッテントマト」では98%FRESH(2022/2/9現在)を獲得。

加えて「これは新しい! 恋愛ドラマに青春モノを掛け合わせて、こんなにも甘美で魅惑的なものができるとは。何よりレナーテ・レインスヴェが素晴らしい。新たなスターの誕生だ。」(THE GUARDIAN)、「鋭く痛烈!まさに傑作」( DEADLINE)など海外メディアなどからの絶賛評も続々と寄せられている。

海外評価

★これは新しい!恋愛ドラマに青春モノを掛け合わせて、こんなにも甘美で魅惑的なものができるとは。何よりレナーテ・レインスヴェが素晴らしい。新たなスターの誕生だ。― THE GUARDIAN
★コメディとペーソスの間を巧みに行き来しながら描くヨアキム・トリアーのスリリングで奔放な一作。― SCREEN
★鋭く痛烈!まさに傑作。― DEADLINE
★大爆笑と悲痛が同居するヨアキム・トリアー監督のベスト作品!― THE PLAYLIST
★ユニークで感動的。面白くて、切なくて、最後にはほろ苦い。― IONCINEMA
★The Worst person in the world is The Best movie in the world. ― ポール・トーマス・アンダーソン監督

受賞&ノミネート歴一覧 ※2022/2/10現在

★第94回アカデミー賞 【脚本賞】【国際長編映画賞】ノミネート 3/27(現地時間)授賞式
★カンヌ国際映画祭 【女優賞】受賞
★ナショナル・ボード・オブ・レビュー【外国語映画トップ5】 ランクイン
★ニューヨーク映画批評家協会賞、ポートランド映画批評家協会賞 【外国語映画賞】受賞
★フランス リュミエール賞 【国際共同製作賞】受賞 
★セントラルフロリダ映画批評家協会賞 【主演女優賞:レナーテ・レインスヴェ】受賞
★全米映画批評家協会賞 【助演男優賞:アンデルシュ・ダニエルセン・リー】受賞
★セザール賞、ハリウッド映画批評家協会賞、Critics Choice Awards 【外国語映画賞】ノミネート中
★サテライト賞 【主演女優賞:レナーテ・レインスヴェ】【外国語映画賞】ノミネート中

作品情報

The Worst Person In The World(原題)
2022年7月1日(金)よりBunkamuraル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテ他全国順次ロードショー

監督:ヨアキム・トリアー 『テルマ』(17)、『母の残像』(15) 
出演:レナーテ・レインスヴェ、アンデルシュ・ダニエルセン・リー

2021 /ノルウェー、フランス、スウェーデン、デンマーク

配給:ギャガ

© 2021 OSLO PICTURES - MK PRODUCTIONS - FILM I VÄST - SNOWGLOBE - B-Reel – ARTE FRANCE CINEMA

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事