ホアキン・フェニックス主演、マイク・ミルズが監督・脚本を務めたA24製作の映画『カモン カモン』(4月22日公開)より、場面写真9点が一挙解禁された。伯父と甥っ子が過ごす、かけがえのない日々の風景が切り取られている。

美しいモノクロの映像を手掛けたのは『女王陛下のお気に入り』の撮影監督ロビー・ライアン

本作は、『人生はビギナーズ』などのマイク・ミルズ監督が、突然甥っ子と共同生活を送ることになった伯父の、戸惑いと衝突、想定外から生まれた奇跡の日々を描く物語。

主人公ジョニーを演じるのは、『ジョーカー』でアカデミー賞主演男優賞を受賞したホアキン・フェニックス。狂気のイメージから一転、甥に振り回される男に扮している。ホアキンの相手役ジェシーを務めたのは、オーディションで選ばれ、英国アカデミー賞の助演男優賞ノミネートされた新星ウディ・ノーマン。自然体で天真爛漫な存在感でこの物語をまぶしく輝かせる。オスカー常連の名優と期待の新人による親密な掛け合いも微笑ましい。

NYを拠点に全米各地を取材して回るラジオジャーナリストのジョニーは、LAに住む妹が家を留守にする数日間、9歳の甥・ジェシーの面倒を見ることに。それは彼にとって、子育ての厳しさを味わうと同時に、驚きに満ち溢れたかけがえのない体験となる。それぞれの孤独を抱えたふたりは、ぶつかりながらも真正面から向き合うことによって、新たな絆を見出していく――。

今回解禁された場面写真は、全9点。ジョニーが本の読み聞かせ中にジェシーと見つめ合う姿をはじめ、友人らとNYの街を歩いたり、ピザ屋でハイタッチする夕食時、西海岸での砂浜遊び、録音機を持って公園を散歩する様子など、ふたりが過ごした愛おしい日々を物語る。

また、ギャビー・ホフマン演じるジョニーの妹ヴィヴが、息子のジェシーと笑顔で床に寝転がる親子の微笑ましい場面や、ジョニーと寄り添い合う兄妹の姿を捉えた写真も。

『女王陛下のお気に入り』でアカデミー賞候補となった撮影監督ロビー・ライアンが手掛けたモノクロの映像から、どれも眩く美しいシーンが切り取られている。

『カモン カモン』は4月22日(金)より全国にて公開。

作品情報

カモン カモン
2022年4月22日(金) TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー

ストーリー
NYでラジオジャーナリストとして1人で暮らすジョニーは、妹から頼まれ、9歳の甥・ジェシーの面倒を数日間みることに。LAの妹の家で突然始まった共同生活は、戸惑いの連続。好奇心旺盛なジェシーは、ジョニーのぎこちない兄妹関係やいまだ独身でいる理由、自分の父親の病気に関する疑問をストレートに投げかけ、ジョニーを困らせる一方で、ジョニーの仕事や録音機材に興味を示し、二人は次第に距離を縮めていく。仕事のためNYに戻ることになったジョニーは、ジェシーを連れて行くことを決めるが…

監督・脚本:マイク・ミルズ 『人生はビギナーズ』『20センチュリー・ウーマン』
出演:ホアキン・フェニックス、ウディ・ノーマン、ギャビー・ホフマン、モリー・ウェブスター、ジャブーキー・ヤング=ホワイト
音楽:アーロン・デスナー、ブライス・デスナー(ザ・ナショナル)
配給・宣伝:ハピネットファントム・スタジオ
2021年/アメリカ/108分/ビスタ/5.1ch/モノクロ/原題:C’MON C’MON/日本語字幕:松浦美奈

© 2021 Be Funny When You Can LLC. All Rights Reserved. 

公式サイト happinet-phantom.com/cmoncmon/

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事