『ゲーム・オブ・スローンズ』のリチャード・ドーマー主演、英国ドラマ初出演となる『プラダを着た悪魔』のスタンリー・トゥッチ、名優マイケル・ガンボンら豪華キャストで贈る極寒のクライム・ミステリー『フォーティチュード/極寒の殺人鬼』(全12話)が、 Amazon Prime Videoチャンネル「スターチャンネルEX -DRAMA & CLASSICS-」にて11月1日(月)から全話一挙配信されることが決定した。また「BS10スターチャンネル」では、11月8日(月)より日本独占放送開始される(※11月8日(月)字幕版第一話無料放送)。あわせて、平和なはずだった町で次々と起こる事件を映し出した、身も凍るような予告映像が解禁された。

一度も暴力的な犯罪が起きたことがない“地球上最も安全な町”で、不可解な殺人事件が次々と起きる

ノルウェーの北極圏に面した僻地の町フォーティチュード。一度も暴力的な犯罪が起きたことがない “地球上最も安全な町”で、不可解な殺人事件が次々と起きる。突如現地入りするロンドン警視庁の主任警部、彼に対立する地元警察署長、ホテル開発を推し進める行政長官…僻地の町で複雑に絡み合う人間関係に覆い隠された謎の殺人事件の真相とは?

閉鎖された小さなコミュニティでの住民同士の不倫や、過去を捨ててこの町で心機一転を望む者など、僻地の町で繰り広げられる人間関係を描いた本作は、屋外シーンのロケを3ヶ月かけてアイスランドで行った。アイスランドの雪と氷で覆われた雄大な風景や夜空に舞うオーロラはもちろん、町の人口よりシロクマの数が多いという土地柄、外出時は護身用にライフルを持参する日常や、宝探しのようにマンモスの死骸を探すロシア人炭鉱夫、永久凍土による自然現象など北極圏ならではの展開も見どころのひとつ。

また、架空の町フォーティチュードはノルウェーにある設定だが、ノルウェーのスヴァールバル諸島に実在するロングイェールビーンという町では永久凍土で遺体が自然分解しないので埋葬ができないという事実もストーリーに織り交ぜている。さらに英国の有料放送局Sky Atlanticがオリジナルドラマとして推定約38億円との製作費をかけたと言われおりスケールの大きさも必見。

今回初解禁となった予告映像では、どこまでも続く雪景色のなか、まるで訪れる者を引き込むかのような静けさと不穏なまでの美しさをたたえる町「フォーティチュード」で起こる、数々の謎の事件の様子が映し出される。白銀の世界に赤い血が映え、この町で一体なにが起こったのか、真相への興味を掻き立てる映像となっている。

主演の警察署長役に『ゲーム・オブ・スローンズ』のベリック・ドンダリオン役で人気を博したリチャード・ドーマー、彼と共に殺人事件を捜査するロンドン警視庁の主任警部役には本作が初の英国ドラマ出演で、『プラダを着た悪魔』のスタンリー・トゥッチ。

更に『ハリー・ポッター』シリーズの2代目ダンブルドア校長役で知られる名優マイケル・ガンボン、『THE KILLING/キリング』で主演を演じたソフィー・グローベール、『ドクター・フー』のクリストファー・エクルストン、『ボブという名の猫』のルーク・トレッダウェイ、『バイオハザード』シリーズのシエンナ・ギロリーと、英国やアイルランド出身の俳優を中心とした豪華キャストが集結。特に多面性のある警察署長役を熱演するリチャード・ドーマーとベテラン刑事役スタンリー・トゥッチの競演シーンは目が離せない。

英国の有料放送局のSky Atlanticで2015年に放送された初回は72万2,000人が実視聴、その後の配信や再放送を含めると第1話だけで320万人以上が視聴し(2017年2月時点)、同局のオリジナルドラマ過去最高記録を樹立した。Rotten Tomatoesでは批評家票81%の高評価を獲得。本国では2018年12月にシーズン3の放送が終了しシリーズが完結しており、Imdbではシリーズ通算7.4点という高得点を獲得している。

配信・放送情報

海外ドラマ『フォーティチュード/極寒の殺人鬼』 (全12話)

<配信>Amazon Prime Video チャンネル「スターチャンネルEX -DRAMA & CLASSICS-」
【字幕版】11月1日(月)より全話一挙配信
<放送>BS10 スターチャンネル
【STAR1 字幕版】 11月8日(月)より 毎週月曜23:00 ほか
※11月8日(月)字幕版 第1話 無料放送
【STAR3 吹替版】 11月18日(木)より 毎週木曜よる22:00 ほか

【監督】サム・ミラー、ニック・ハランほか
【脚本・製作総指揮】サイモン・ドナルドほか

©2014 Sky UK Limited. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事