監督ジャック・オディアール、脚本セリーヌ・シアマという、フランス映画界の世代を超えるビッグコラボレーションが実現した映画『パリ13区』(4月22日公開)のメインビジュアルが解禁された。『ミッドサマー』『パターソン』『ちょっと思い出しただけ』などのビジュアルを担当してきたデザイナーの大島依提亜がデザインを担当した。

「つながるのは簡単なのに 愛し合うのはむずかしい」

カンヌ国際映画祭パルムドール受賞『ディーパンの闘い』、グランプリ受賞『預言者』など数々の名作で世を驚かせてきた、今年 70 歳を迎える鬼才ジャック・オディアール監督。待望の最新作では、『燃ゆる女の肖像』で一躍世界のトップ監督となった現在 43 歳のセリーヌ・シアマと共同で脚本を手がけ、“新しいパリ”の物語を、洗練されたモノクロの映像美で大胆に描き出した。

2021 年第 74 回カンヌ国際映画祭コンペティション部門でお披露目されるや、フランス映画界屈指の世代を超えたビッグコラボが大きな注目を集め、絶賛を浴びた。また、第 47 回セザール賞では、撮影賞、脚色賞、音楽賞、有望若手女優賞、有望若手男優賞の5部門に選出された。

舞台となるパリ 13 区は、高層住宅が連なり、多文化で活気に満ちて、まさに現代のパリを象徴するエリア。コールセンターで働くエミリーと高校教師のカミーユ、32 歳で大学に復学したノラ、そしてポルノ女優のアンバー・スウィート。ミレニアル世代の若者たちが織りなす不器用で愛おしい恋愛模様が描かれる。原作は、今最注目の北米のグラフィック・ノベリスト、エイドリアン・トミネの 3 つの短編。『モード家の一夜』や『マンハッタン』にオマージュを捧げながら、洗練されたモノクロームで映し出す、誰も見たことのなかったパリがここにある。

本作をいち早く鑑賞したマスコミや観客からは、「人間模様が緻密でうつくしい」「今まで見てきたパリ映画とは違う」「ここ数年で 1 番」と早くも絶賛の声が多数上がっている。

このたび解禁された待望のメインビジュアルは、数々の話題作のビジュアルを担当してきたデザイナーの大島依提亜が手掛けたもの。「つながるのは簡単なのに 愛し合うのはむずかしい」という、複雑な感情を表したコピーが浮かび、屋上に寝転びながら互いに視線を交わすエミリーとカミーユの姿が映し出されている。そんな二人の背景には、さまざまな文化や人種が混ざり合い、再開発が進むパリ 13 区の街並みを望むことができる。

監督のジャック・オディアールは、世界中の映画祭で数々の賞を受賞し話題を呼んだ西部劇ロード・ムービーの前作『ゴールデン・リバー』に続く、待望の新作である本作について、「『ゴールデン・リバー』を撮ったあとは、自然とその真逆の都会の物語を自然と考えるようになりました。都市で暮らす登場人物、パリ13 区という区域、色彩はなく、アクションはほとんどない物語を」とコメント。今年 70 歳を迎えるオディアール監督のこれまでの作品にはない、新たな愛の物語が本作では描かれている。

『パリ13区』は4月22日(金)、新宿ピカデリーほかにて全国公開。

作品情報

パリ13区
2022年4月22日(金)、新宿ピカデリーほかにて全国公開

監督:ジャック・オディアール 『君と歩く世界』『ディーパンの闘い』『ゴールデン・リバー』
脚本:ジャック・オディアール、セリーヌ・シアマ『燃ゆる女の肖像』、レア・ミシウス
出演:ルーシー・チャン、マキタ・サンバ、ノエミ・メルラン『燃ゆる女の肖像』、ジェニー・ベス
原作:「アンバー・スウィート」「キリング・アンド・ダイング」「バカンスはハワイへ」エイドリアン・トミネ著(『キリング・アンド・ダイング』『サマーブロンド』収録:国書刊行会)

2021年/フランス/仏語・中国語/105分/モノクロ・カラー/4K 1.85ビスタ/5.1ch/原題Les Olympiades 英題:Paris, 13th District/日本語字幕:丸山垂穂/R18+

提供:松竹、ロングライド 配給:ロングライド

©︎ShannaBesson ©PAGE 114 - France 2 Cinéma

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事