児童⽂学の巨匠エーリヒ・ケストナーの唯⼀の⼤⼈向け⻑編⼩説を映画化する『Fabian-Going to the Dogs』が『さよなら、ベルリン またはファビアンの選択について』の邦題で、6⽉10⽇(⾦)よりBunkamuraル・シネマほか全国順次公開されることが決定した。あわせて⽇本版ポスタービジュアルも解禁された。

ナチスの⾜⾳が聞こえてくる1931年のベルリンを舞台に⻘年の恋と惑いの⽇々を描く

本作は、ひたひたとナチスの⾜⾳が聞こえてくる1931年のベルリンを舞台に⻘年ファビアンの恋と惑いの⽇々を描く物語。昨年のベルリン国際映画祭コンペティション部⾨に出品され、ドイツ映画賞では最多 10 部⾨ノミネート主要 3部⾨を受賞するなど、⼤きな話題を呼んだ。

原作は「エーミールと探偵たち」「点⼦ちゃんとアントン」「⾶ぶ教室」「ふたりのロッテ」などで知られ、⽇本でも多くのファンを持つ児童⽂学の⼤家エーリヒ・ケストナーが書いた唯⼀の⼤⼈向け⻑編⼩説「ファビアン あるモラリストの物語」(みすず書房刊)。

舞台は 1931 年のベルリン。出⼝のない不況は⼈々の⼼に空虚な隙間をつくり、ひたひたと迫るナチスの⾜⾳が聞こえてくる。作家を志してベルリンにやってきたファビアンは、時代の中でどこへ⾏くべきか惑い、⽴ち尽くしていた。⼥優を夢⾒るコルネリアとの恋。ただ⼀⼈の「親友」ラブーデの破滅。やがてコルネリアは⼥優への階段を登るためファビアンの元を離れ、次第に⼆⼈の関係は崩壊していく…。ナチス台頭の前夜、空虚な時代の⼀⼈の⻘年の恋と惑いは、まさに現代と重なる物語だ。

メガホンを取ったのは、本作が本邦初公開作となるドミニク・グラフ監督。刺激的な映像のコラージュや、往年のベルリンの美しさを際⽴てる濃密な描写などを縦横無尽に駆使し、原作の世界観を⾒事に再現した。主演は、『コーヒーをめぐる冒険』でドイツ映画賞主演男優賞はじめ数々の賞を獲得し、その後も⼤ヒットスリラー『ピエロがお前を嘲笑う』や『ある画家の数奇な運命』の主演で注⽬を浴びたドイツ映画界のトップスター、トム・シリング。ヒロインは、『さよなら、アドルフ』に主演し、その可憐な姿で⼤きな注⽬を集めたドイツの⼈気⼥優ザスキア・ローゼンダール。2⼈は、『ある画家の数奇な運命』に続き2度⽬の共演となる。

公開決定にあわせて⽇本版ポスタービジュアルも解禁。「僕はどこへ?」のキャッチコピーと⼾惑いの表情を浮かべる主⼈公ファビアンの姿が印象的だ。背景には、ナチスの象徴である“ハーケンクロイツ”、燃やされる本など、ファビアンを取り囲む時代を象徴する写真が並ぶが、ファビアンの惑いに共感を覚える現代の⽇本⼈は多いだろう。右か左か、前か後ろか、⼀体どこへ⾏くべきなのか。90 年前の⼩説が、⾒事に「今、この世界」の映画になったことが感じられる。

作品情報

さよなら、ベルリン またはファビアンの選択について
2022年6月10日(金)より Bunkamura ル・シネマ他全国順次公開

英題:Fabian - Going to the Dogs|原作:エーリヒ・ケストナー「ファビアン あるモラリストの物語」(みすず書房)|監督:ドミニク・グラフ|出演:トム・シリング(『コーヒーをめぐる冒険』『ピエロがお前を嘲笑う』『ある画家の数奇な運命』)、ザスキア・ローゼンダール(『さよなら、アドルフ』『ある画家の数奇な運命』)

2021 年|ドイツ|178 分|スタンダード|字幕:吉川美奈子

配給:ムヴィオラ

©Hanno Lentz / Lupa Film

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事