最低の映画や俳優を選ぶ第41回ゴールデンラズベリー賞が4月24日に発表された。毎年アカデミー賞授賞式の前夜に開催され、「ラジー賞(Razzies)」とも呼ばれている。

Embed from Getty Images

ケイト・ハドソン

最低作品賞はドナルド・トランプの支持者マイク・リンデルが監督したドキュメンタリー

最多受賞に輝いたのは『ミュージック/Music(原題)』。最低主演女優賞(ケイト・ハドソン)、最低助演女優賞(マディ・ジーグラー)、最低監督賞(SIA)の3部門で受賞した。

最低作品賞を受賞したのは元米国大統領ドナルド・トランプの支持者として有名なマイク・リンデルが監督したドキュメンタリー『Absolute Proof(原題)』。マイク・リンデルは最低主演男優賞にも選ばれた。

ロバート・ダウニー・Jr.主演『ドクター・ドリトル』が最低リメイク・パクリ・続編映画賞を受賞

最低助演男優賞にはコメディー映画『続·ボラット 栄光ナル国家だったカザフスタンのためのアメリカ貢ぎ物計画』に登場したルドルフ・ジュリアーニ元ニューヨーク市長。

世界的な児童文学をロバート・ダウニー・Jr.主演で新たに映画化した『ドクター・ドリトル』が最低リメイク・パクリ・続編映画賞を受賞した。受賞結果は以下の通り。

Embed from Getty Images

『ドクター・ドリトル』プレミアに出席したロバート・ダウニー・Jr.

2020年(第41回)結果

最低作品賞:『Absolute Proof(原題)』

最低主演男優賞:マイク・リンデル(『Absolute Proof(原題)』)

最低主演女優賞:ケイト・ハドソン(『ミュージック/Music(原題)』)

最低助演男優賞:ルドルフ・ジュリアーニ(『続·ボラット 栄光ナル国家だったカザフスタンのためのアメリカ貢ぎ物計画』)

最低助演女優賞:マディ・ジーグラー(『ミュージック/Music(原題)』)

最低監督賞:SIA(『ミュージック/Music(原題)』)

最低脚本賞:『愛は、365の日々で』

最低リメイク・パクリ・続編映画賞:『ドクター・ドリトル』

最低スクリーンコンボ賞:ルドルフ・ジュリアーニと彼のパンツジッパー(『続·ボラット 栄光ナル国家だったカザフスタンのためのアメリカ貢ぎ物計画』)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事