1985年にリリースしたデビュー曲「テイク・オン・ミー」がその革新的なMVと共に世界中を魅了し、瞬く間に頂点に上りつめたシンセポップバンド「a-ha(アーハ)」の軌跡を追ったドキュメンタリー映画『a-ha THE MOVIE』(5月20日公開)の日本版予告編が完成した。

「僕らは自分たちを偽った」

1982年、ノルウェー出身のモートン・ハルケット、ポール・ワークター=サヴォイ、マグネ・フルホルメンの3人により結成されたシンセポップバンド、a-ha。1985年に革新的なMVが大きな話題を呼んだデビュー曲「テイク・オン・ミー」が米ビルボード1位を獲得、ファーストアルバム『ハンティング・ハイ・アンド・ロウ』が全世界で1,100万枚以上のセールスを記録し、一気にスターダムを駆け上がった。本作は、3人の出会いからバンドの誕生、狂騒の80年代から90年代、解散、そして再結成を経て、いまだ進化を続ける彼らの軌跡を追った感動のドキュメンタリー。

このたび解禁となった日本版予告編では、デビュー後瞬く間に頂点に登り詰め、世界中がa-haに注目する当時の映像から始まる。「あれは運命の出会いだった」と3人は結成当時のことを振り返る。

しかしその熱狂は不穏な空気と共に一気に静まっていく。モートンが語る。「僕らは自分たちを偽った」。ノルウェーから世界的アーティストを目指した若者3人は、容姿と外見に注目が集まりいつしかアイドル的存在となり、ショー・ビジネス界の波に飲まれていく。「望まない方向に進んでしまった」。

栄光の陰に隠された、誰も知らない3人の素顔とは? 「テイク・オン・ミー」をBGMに描かれる彼らの挫折と再生。「25年経ってようやく本当の自分を表現できる」という彼らの切実な思いが語られる。

「a-ha」を知る世代は懐かしさと、ほろ苦さを。「a-ha」を知らない世代は今聴いても心地よい曲と、ポップでカラフルな世界観に新しさを感じる予告編に仕上がっている。

『a-ha THE MOVIE』は5月20日(金)より、新宿武蔵野館 ほか全国ロードショー。

作品情報

a-ha THE MOVIE
2022年5月20日(金)より、新宿武蔵野館 ほか全国ロードショー

『a-ha THE MOVIE』映画前売券(一般券)(ムビチケEメール送付タイプ)-Amazon

監督:トマス・ロブサーム、アスラーグ・ホルム
製作:イングヴィ・セーテル、トマス・ロブサーム
脚本:トマス・ロブサーム
撮影:アスラーグ・ホルム
編集:ヒルデ・ビョルンスタット
出演:モートン・ハルケット、ポール・ワークター、マグネ・フルホルメン

2021年|ノルウェー・ドイツ|112分|16:9|ノルウェー語・英語・ドイツ語|5.1ch

原題:A-HA: THE MOVIE|日本語字幕:大嶋えいじ|字幕監修:勝山かほる レイティング:G

配給:クロックワークス

© MOTLYS, FENRIS FILM, KINESCOPE FILM, NEUE IMPULS FILM 2021

公式サイト https://klockworx-v.com/a-ha/

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事