ロシアで実際に起きた未曾有の原子力潜水艦事故を映画化した『潜水艦クルスクの生存者たち』(4月8日公開)の本編映像が解禁された。マティアス・スーナールツ演じる主人公のミハエルが、海軍で一緒に働く仲間たちを代表して結婚式でスピーチをするシーンで、後の「最悪の事態」を暗示するような場面になっている。

新郎新婦へのお祝いとともに、海軍の活躍を讃える歌を合唱

マティアス・スーナールツ、レア・セドゥコリン・ファースの豪華キャストが集結した本作は、未曾有の原子力潜水艦事故に立ち向かい、愛する人を想い続けた男たちの“衝撃の実話”。監督は『アナザーラウンド』でアカデミー賞®国際長編映画賞を受賞したトマス・ヴィンターベア。潜水艦クルスクに運命を翻弄された名もなき男たちの実話を、極上のエンタテインメントへと昇華させた。

このたび解禁となった本編映像は、主人公のミハエル(マティアス・スーナールツ)が、海軍仲間の結婚式でスピーチをするシーン。コップにスプーンを当て鐘のように響かせ、演説を始めたミハエルは、新婦に対しお祝いの言葉を贈る。

その後、妻であるターニャ(レア・セドゥ)を紹介しながら、海軍の妻は楽では無いとジョークを飛ばす。さらには、今回の新郎の妻だと余計に大変だと冗談を言い、会場を沸かす。

「でも何とかなる」と新郎新婦に告げたミハエルが「最悪の事態になったら…どうすれば?」と周りの仲間たちに問いかけると、彼らが続々と立ち、新郎新婦へのお祝いとともに、海軍の活躍を讃える歌を合唱する。

「海の男に固い絆あり~心は1つ~手を携え~」という歌詞の通り、公私ともに強い絆で結ばれた海軍の仲間たち。まさか彼らの乗った潜水艦が世界中を驚愕させる事故を引き起こし、彼ら自身が「最悪の事態」に直面することになるとは、この時は誰も想像していなかっただろう。果たして彼らは無事に愛する家族のもとへと帰る事ができるのだろうか…!?

『潜水艦クルスクの生存者たち』は4月8日(金)より kino cinéma横浜みなとみらい・立川髙島屋S.C.館・天神 ほか全国順次公開。

作品情報

潜水艦クルスクの生存者たち
2022年4月8日(金)より kino cinéma横浜みなとみらい・立川髙島屋S.C.館・天神 ほか全国順次公開

STORY
乗艦員118名を乗せた原子力潜水艦クルスクは軍事演習のため出航するのだが、艦内の魚雷が突然暴発、凄まじい炎が艦内を駆け巡る。次々と命を落とす惨状に直面したミハイルは、爆発が起きた区画の封鎖を指示し、部下と安全な艦尾へ退避を始めるが、艦体は北極海の海底まで沈没し、わずか23名だけが生き残った。海中の異変を察知した英国の海軍准将デイビッドは救援を表明するが、ロシア政府は沈没事故の原因は他国船との衝突にあると主張し、軍事機密であるクルスクには近寄らせようとしない。乗組員の命よりも国家の威信を優先する政府の態度に、ターニャたち家族は怒りを露わに抗議する。酸素が徐々に尽きていく中、果たして愛する家族のもとへ帰る事はできるのだろうか─

監督:トマス・ヴィンターベア
出演:マティアス・スーナールツ、レア・セドゥ、マックス・フォン・シドー、コリン・ファース
2018年|ルクセンブルク|英語|117分|カラー|シネスコ|5.1ch|原題:KURSK|字幕翻訳:林完治 映倫:G
提供:木下グループ

配給:キノシネマ

© 2018 EUROPACORP

公式サイト https://movie.kinocinema.jp/works/kursk

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事