「⾶ぶ教室」「ふたりのロッテ」などで知られる児童⽂学の⼤家エーリヒ・ケストナーが書いた唯⼀の⼤⼈向け⻑編⼩説をドイツ映画界のスター、トム・シリング主演で映画化した『さよなら、ベルリン またはファビアンの選択について』(6月10日公開)の予告編が解禁された。

ナチズムの⾜⾳迫る1931年のベルリン、僕は⼀体どこへ歩き出せばいい?

本作は⽇本初登場となるドイツの名匠、ドミニク・グラフ監督がトム・シリング(『ある画家の数奇な運命』)を主演に迎え、1931年のベルリンに⽣きる⻘年を描き、昨年のベルリン国際映画祭でも絶賛された話題作。

1931 年ベルリン。狂躁と頽廃の 20 年代から出⼝のない不況へ。ひたひたとナチズムの⾜⾳が聞こえてくる。作家を志してベルリンにやってきたファビアンだったが、⽬的のない毎⽇を繰り返すばかり。⼥優を夢⾒るコルネリアとの恋、ただ⼀⼈の「親友」ラブーデの破滅。ナチスの台頭前夜、世界が⼤きく変わる予感と不安の中で、⻘年ファビアンは「これからどこへ歩き出せばいいのか」という焦燥を募らせていく。

このたび解禁された予告編は、現代のベルリンのハイデルベルガー・プラッツ駅から 1931 年のベルリンへと観客を連れていく移動ショットから始まり、トム・シリング演じる作家志望の⻘年ファビアンの堕落した毎⽇、失業、将来への不安や惑い、コルネリアとの恋、親友ラブーデとの関係などが映し出されていく。

ナチスの台頭を感じさせる軍靴の響きが⽿に強い印象を残すとともに、⼀部をスーパー8で撮ったというざらついた質感、華やかなのにどこか閉塞的で頽廃的な当時のベルリンの⾵景にも⽬を奪われる予告編だ。

あわせて解禁された場⾯写真には、ファビアンが恋⼈や親友と共に過ごす⻘春の瑞々しい瞬間など、『ある画家の数奇な運命』でも共演した、主演のトム・シリングと恋⼈を演じるザスキア・ローゼンダールの魅⼒あふれる姿も収められている。

世界が⼤きく変わる予感と不安の中で、右か左か、前か後ろか、⼀体どこへ⾏くべきなのか。きっと現代の多くの⽇本⼈がファビアンの惑いに共感を覚えるであろう、今年度最注⽬のドイツ映画『さよなら、ベルリン またはファビアンの選択について』は6月10日(金)より Bunkamura ル・シネマ他全国順次公開。

作品情報

さよなら、ベルリン またはファビアンの選択について
2022年6月10日(金)より Bunkamura ル・シネマ他全国順次公開

英題:Fabian - Going to the Dogs|原作:エーリヒ・ケストナー「ファビアン あるモラリストの物語」(みすず書房)|監督:ドミニク・グラフ|出演:トム・シリング(『コーヒーをめぐる冒険』『ピエロがお前を嘲笑う』『ある画家の数奇な運命』)、ザスキア・ローゼンダール(『さよなら、アドルフ』『ある画家の数奇な運命』)

2021 年|ドイツ|178 分|スタンダード|字幕:吉川美奈子

配給:ムヴィオラ

©Hanno Lentz / Lupa Film
© 2021 LUPA FILM / DCM Pictures / ZDF / Arte

公式サイト http://moviola.jp/fabian/

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事