第38回サンダンス映画祭でプレミア上映され話題を呼んだ北欧発のイノセントホラー『ハッチング―孵化―』(4月15日公開)の本編冒頭映像が解禁された。北欧の“幸せな一家”の悪夢の始まりを予感させる、美しさと不穏さに満ちた映像となっている。

監督「この冒頭シーンは物語をギュッと濃縮したようなものにしたいと考えていた」

今年1月下旬に開催されたサンダンス映画祭のプレミア上映で世界を驚愕させた本作は、北欧フィンランドで暮らす幸せな4人家族が、少女が孵化させた卵によって、おぞましい真の姿をさらしていく戦慄のホラー。メガホンをとったのは多くの短編作品を世界の映画祭に出品して高い評価を受け、今回が長編デビュー作となる新鋭女性監督ハンナ・ベルイホルム。北欧ならではの明るく洗練された一家の中に潜む恐怖を見事に切り取ってみせている。

今回解禁された本編映像が最初に映し出すのは、主人公である12歳の少女ティンヤが家のリビングでレオタード姿でストレッチをする後ろ姿のアップからだ。初めて出場する体操の大会を控え、鍛え上げられた姿からは鍛練の様子が伺える。

ティンヤと家族は、フィンランドの緑に囲まれた閑静な住宅街にあるモデルハウスのように美しく洗練された家で暮らしている。そこへ現れたのはティンヤの母親だ。母親は“ごく普通の”家族の日常を切り取った動画をSNSにアップすることに夢中で、娘の様子をスマホで撮影していた。

続いて母親とティンヤが向かったのは建築家である父親の部屋。一家が集まり、「あなたもどうぞ素敵な毎日を」という母親の締めの言葉で撮影が終わろうとしていたところで、外から大きな音が。ティンヤが窓を開けると、一羽の黒い鳥がリビングに飛び込んでくる。家の中を興奮したように飛び回る鳥を追いかける家族。なかなか捕えることができず、家族の顔からは次第に笑顔がひいていく―。

洗練されたインテリア、美しいバラ、装飾品、笑顔の家族…完璧すぎるほどに整えられた家の中で展開されていた誰もが羨む幸せな家族のひとときは、この一羽の鳥によってあっけなく破壊され、これから始まる悪夢を予感させるような不穏な冒頭シーンとなっている。

ベルイホルム監督は「この冒頭シーンは、これから作品の中で描こうとする物語をギュッと濃縮したようなものにしたいと考えていた」と語る。フィンランドでは黒い鳥は不吉な存在とされていると言い、本作については「ホラー映画を撮りたかったというわけではなく、大人のためのファンタジーとしてこの物語を描くのにホラーの手法を使った。明るく美しい環境下で起こる恐怖を表現したかった」とも語っている。

『ハッチング―孵化―』は4月15日(金)ヒューマントラストシネマ渋谷、新宿シネマカリテ他にて全国順次ロードショー。

作品情報

ハッチング―孵化―
2022年4月15日(金)ヒューマントラストシネマ渋谷、新宿シネマカリテ他にて全国順次ロードショー

『ハッチング―孵化―』映画前売券(一般券)(ムビチケEメール送付タイプ)-Amazon

監督:ハンナ・ベルイホルム
出演:シーリ・ソラリンナ ソフィア・ヘイッキラ ヤニ・ヴォラネン レイノ・ノルディン

原題:Pahanhautoja/英題:HATCHING/2022年/フィンランド/カラー/ビスタ/5.1chデジタル/91分/字幕翻訳:中沢志乃/PG12

配給:ギャガ

© 2021 Silva Mysterium, Hobab, Film i Väst

公式サイト gaga.ne.jp/hatching/

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事