「日本におけるイタリア年」をきっかけに2001年に始まり、毎年の恒例イベントとして今年で22回目の開催となる「イタリア映画祭2022」のオンライン上映が5月19日からスタートすることが発表された。「イタリア映画祭2022」東京会場は5月4日に閉幕し、このあと大阪会場にて5月14日(土)・15日(日)に開催される。

『3つの鍵』
モレッティ監督「イーストウッドが90歳でなお監督&主役をしているんだから…68歳の私もまだまだできるはず」

東京会場/渋谷・ユーロライブでは大型連休にあわせて4月29日から5月4日まで開催された「イタリア映画祭2022」。初日には開会式や舞台挨拶が行われ、その後もいくつかのプログラム上映後にはリモート形式でゲストが登壇。鑑賞直後の観客とのQ&Aでゲストと交流する場面もあり、東京では3年振りとなるフィジカルな開催に活気づいた。

初日となった4月29日には開会式が行われ、アルベルト・マナイ(イタリア文化会館館長代理)、ジャンルイジ・ベネデッティ(駐日イタリア大使)の両名がリモートで挨拶。コロナ禍の中での開催について触れながら、イタリアと日本を繋ぐ架け橋となる本映画祭のラインナップ、見どころなどを解説。日本で未公開の作品や上映権利がなかなか得ることのできないピエル・パオロ・パゾリーニ監督、ナンニ・モレッティ監督の初期作品の上映など貴重な機会を楽しんでもらえたら、と観客へ呼びかけた。

本映画祭の初めての試みであった日本発のドキュメンタリー作品『マゴーネ 土田康彦「運命の交差点」についての研究』の特別上映には田邊アツシ監督とヴェネチアンガラス作家の土田康彦が登壇し、息の合った掛け合いを披露。田邊監督は、長年にわたる撮影の末にようやく撮ることに成功したヴェネチアという土地特有のアックアアルタ(満潮時)の撮影秘話やGLAY・TERUによるエンディング曲にいたった経緯、次回作の構想などを明かした。

田邊アツシ監督と土田康彦

特集も組まれた新作『3つの鍵』の今秋劇場公開を控えるナンニ・モレッティ監督も日本での初上映に際し、リモート登壇。鑑賞直後の観客から様々な質問が寄せられ、時間の許す限りQ&Aを実施。自身も俳優として自作に出演することも多いモレッティ監督へもし自分以外が演じるなら誰が良いか、との問いかけに「自分と年齢が近い良い役者もいるのだが監督の意図を汲むいちばんの理解者は私自身、ですから自分で演じることにしました。本当は他の監督の作品に役者として出演するほうが気苦労も少なくていいけれどクリント・イーストウッドが90歳でなお監督&主役をしているんだから…68歳の私もまだまだできるはずです」と少しおどけてみせる一幕も。さらにローマに自身で映画館を作り経営者としての顔も持つモレッティ監督は、配信サービスと劇場との並行した現在のリリース形態についても言及。「(劇場公開は)極めて困難な状況でもあるが、わたしは劇場での公開にこだわりたい。封切りは映画館だ!」と熱く語り、会場をおおいに沸かせていた。

また5月19日からオンライン上映もスタートすることが決定。1部、2部に期間が分けられ、それぞれ約10作品ずつの配信となる。映画祭で上映されたエドアルド・レオ監督・主演作『ある日、ローマの別れ』など数本の長編映画の他、無料で視聴ができる短編映画作品が取り揃えられる予定となっている。今後の情報更新などの続報は、公式サイト、公式twitterで告知予定。

イタリア映画祭2022 オンライン上映

1部:5/19~6/19 新作&短編
2部:6/23~7/24 過去映画祭での上映作品&短編

『ある日、ローマの別れ』

また大阪会場は5月14日(土)・15日(日)に開催。詳細は以下の通り。

大阪会場

会期:5月14日(土)ー5月15日(日)
会場:ABCホール(大阪府大阪市福島区福島1-1-30)
上映作品、スケジュール:https://www.asahi.com/italia/2022/timetable_osaka.html
※あさチケ(https://l-tike.com/st1/asahi-id-top-14/sitetop)にてチケット発売中。
※前売り一般1,400円/学生1,100円、当日一般1,700円/学生1,400円
主催:朝日新聞社、イタリア文化会館、チネチッタ
特別後援:イタリア共和国大統領
後援:イタリア大使館、イタリア総領事館
公式サイト:http://www.asahi.com/italia/

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事