「007」へのアンチテーゼ的な主人公を描いた人気スパイ小説を57年ぶりに映像化した海外ドラマ 『ハリー・パーマー 国際諜報局』が本日5月6日より「スターチャンネルEX」にて配信開始。これを記念して、ジョー・コール、ルーシー・ボイントンら各キャスト・スタッフが本作の舞台裏を語る貴重映像が解禁された。

ジョー・コール「ハリーは労働者階級出身だが魅力的で非常に頭がいい。一緒にいて楽しめる男」

「スターチャンネルEX」では、60年代にジェームズ・ボンドとは対極の主人公として一世を風靡した“元祖黒縁メガネスパイ”が57年ぶりに復活する最新海外ドラマシリーズ『ハリー・パーマー 国際諜報局』 (全6話)が、本日5月6日(金)より配信開始。毎週金曜日に1話ずつ更新される。さらに、6月1日(水)~6月30日(木)の期間限定で第1話の無料配信も決定。そして「BS10 スターチャンネル」では6月7日(火)から独占日本初放送が決定し、6月5日(日)15:00からは特別に<吹替版>第1話の先行無料放送を実施する。

本作の前身である映画『国際諜報局』(原題:THE IPCRESS FILE)は、作家レン・デイトンが1962年に「007」へのアンチテーゼとして執筆したスパイ小説「イプクレス・ファイル」を原作に映画化され、主人公である諜報員ハリー・パーマーを演じたマイケル・ケインを一躍スターにした。労働者階級出身、黒縁メガネで料理好きとジェームズ・ボンドとは対照的なキャラクターは人気を博しシリーズ化。映画『キングスマン』シリーズがオマージュを捧げた作品としても知られている。

今回解禁された映像ではまず監督を務めるジェームズ・ワトキンスが「(舞台は)冷戦時代の絶頂期でキューバ危機の頃だ。核科学者が拉致され懸賞金が跳ね上がる」と、舞台設定・物語の導入を説明するところから始まる。

続いて本作の主人公ハリー・パーマー役ジョー・コールは、その役柄について「ヨーロッパ中で密輸品を盗み軍事刑務所に収容されていた」と驚きの設定を説明。

その後ハリーがその明晰な頭脳と手腕を見込まれ、特別諜報機関W.O.O.C.のトップ、ウィリアム・ドルビー役のトム・ホランダーにより、国家の存亡をかけたミッションへスカウトされる様子がスタイリッシュに映し出される。

ハリー・パーマーの役柄について、ジョー・コールは「ハリーは労働者階級出身だが魅力的で非常に頭がいい。一緒にいて楽しめる男」と解説。ジェームズ・ワトキンス監督が「週末は休みたいし経費も使いたい。労働条件に愚痴も言うから役柄に現実味がある」とその人間臭さについて指摘する一方で、上司役のトム・ホランダーは「犯罪歴にかかわらず当初は道徳的な男で正義のために戦った。ドルビーやジーンと一緒に彼らは三銃士なんだ」と肩を持ち、全員からハリー・パーマーの愛すべき個性的なキャラクター像が明かされる。

その三銃士の一人である諜報員ジーン・コートニーを演じるルーシー・ボイントンは、彼女の役柄について、当時の時代性にも触れて「適齢期の女性として平凡な人生を期待されている。女性が持つ野心とその人生は一致しない」と主張。トム・ホランダーは「(ジーンは)60年代の女性だが現代の女性でもある。それを監督が描きルーシーが見事に演じた」と絶賛する。60年代の諜報員という男性社会の中で、自分らしく活躍する彼女のスタンスは現代的なテーマにも通ずる部分があるだろう。自信にあふれた彼女の表情や60年代のスウィンギング・ロンドンの美しい衣装も見どころの一つだ。

さらに本作の美学は、衣装だけでなく各国の風景やロケ地も細部にわたり貫かれている。美術監督のジェームズ・プライスは「監督と3Dパズルって呼んでるよ。世界的なドラマだ。ロンドンやベルリンやベイルート、そして太平洋環礁。ベルリンは20世紀に起こったすべての震源地だ。チェックポイント・チャーリーは冷戦の象徴だね」と語る。ジェームズ・ワトキンス監督も「まるで世界旅行だ」と豪語するほど、当時のヨーロッパ世界を美しく荘厳に表現している。

映像の最後には明るい曲調となり、60年代のスタイリッシュで鮮やかな世界の街並みと、それに相対するように暗い陰謀を調査するスパイたちの奮闘が映し出される。最後にハリー・パーマー役のジョー・コールは「挑発的で偽りがない。皆が豊かな人間性を持っている。この多様な世界でね。おもしろくなるよ。本当に楽しみだ」と冷戦時代のスパイの中の豊かな人間性に触れ、本作を称賛している。ウィットに富み、飄々とした、懐かしくもまったく新しいスパイ像、ハリー・パーマーの活躍の配信が、さらに待ち遠しくなる映像となっている。

本作は本国ITVの放送が始まる前から日本のほか米国、オーストラリア、香港、インド、インドネシア、マレーシアでの放送・配信が既に決定しているという異例の注目度で、まさに世界が待ちわびている2022年1番の話題作。製作総指揮のウィル・クラークはハリー・パーマーシリーズの原作本の残り3本についてもドラマ化の権利とキャラクター権を取得済みと明かしており、シリーズの継続が大いに期待できる。

作品情報

ハリー・パーマー 国際諜報局

【配信】スターチャンネルEX
<字幕版>5月6日(金)より独占配信スタート※6月1日(水)~6月30日(木)《第1話無料配信》
<吹替版>6月20日(月)より全6話 一挙配信
作品公式ページ https://ex.star-ch.jp/special_drama/zMko6

【放送】BS10 スターチャンネル
【STAR1 字幕版】6月7日(火)より毎週火曜23:00ほか 独占放送スタート
※6月5日(日)15:00より <吹替版>第1話先行無料放送※STAR1で吹替版を放送
【STAR3 吹替版】6月9日(木)より毎週木曜22:00ほか 独占放送スタート
放送詳細ページ https://www.star-ch.jp/drama/harrypalmer/sid=1/p=t/

STORY
1963年、冷戦下の西ベルリンに配属されていた英国陸軍軍曹ハリー・パーマーは、軍の物資を盗み東側に横流ししていた罪でロンドンの軍事刑務所に投獄される。その頃、核兵器を開発していた英国人教授が誘拐される事件が起き、ドルビー率いる特別諜報機関W.O.O.Cが救出作戦に動き出す。ドルビーは誘拐に関与している男と一緒に写真に写っていたパーマーを訪ね、服役免除を条件に協力することを要請。かくして諜報員になったパーマーはベルリン、ベイルート、そして米国が原発実験を行う太平洋の環礁へと世界を飛び回る。果たして誘拐事件の黒幕は誰なのか?


【脚本・製作総指揮】ジョン・ホッジ(『トレインスポッティング』)
【製作総指揮】ウィル・クラーク(『ホイットニー ~オールウェイズ・ラヴ・ユー~』)
【監督・製作総指揮】ジェームズ・ワトキンス(『ブラック・ミラー』)
【出演】ジョー・コール、ルーシー・ボイントン、トム・ホランダー、アシュリー・トーマス、ジョシュア・ジェームズ、デヴィッド・デンシック ほか

© Altitude Film Entertainment Limited 2021 All Rights Reserved. Licensed by ITV Studios Ltd

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事