フランスの実写版『シティーハンター』のチームが再結集した新作アクション・コメディ『Superwho?』が邦題『バッドマン 史上最低のスーパーヒーロー』として7月15日(金)より、ヒューマントラストシネマ渋谷、グランドシネマサンシャイン 池袋ほかにて全国ロードショーされることが決定した。あわせてポスタービジュアルも解禁となった。

コロナ禍のフランスで人々に勇気と笑顔を届け見事にNo.1大ヒットを記録

本作は日本の大人気漫画「シティーハンター」をフランスで実写化し、日本・フランスで見事大ヒットを記録した『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』のチームが再び集結したアクション・コメディ。ハリウッドのアメコミヒーロー作品をリスペクトし、数々の名場面に笑いを加えた本作は、コロナ禍のフランスで人々に勇気と笑顔を届け見事にNo.1大ヒットを記録した。

警察署長の父親の反対を押し切り、役者として夢を追い続けているセドリック。実は心が折れかけていたその時、新作映画「バッドマン」の主役に抜擢される。そう、「バットマン」ではなく「バッドマン」だ。“バッドモービル”に乗り、宿敵“ピエロ”と戦うヒーロー映画。このチャンスを逃してはならないと、セドリックは体を鍛え上げ、武術を学び撮影に挑む。戸惑いながらも撮影初日が順調に終わろうとする中、妹から父親が倒れたという知らせが入る。焦ったセドリックは、バッドスーツのままバッドモービルに乗り病院へと急ぐが、その途中で事故に遭い気絶してしまう。そして自分の名前や過去の記憶を失った彼は、自分のことを本物のスーパーヒーローと勘違いしてしまう!?

監督・主演は、『シティーハンター』同様フィリップ・ラショー。脇を固めるのは、タレク・ブダリ、ジュリアン・アルッティ、そしてエロディ・フォンタンのお馴染みの面々に加え、『ベティ・ブルー 愛と激情の日々』のセザール賞俳優ジャン=ユーグ・アングラードも出演。そしてまさか、あのインポッシブルな超大物ハリウッド俳優までカメオ出演!?

このたび解禁されたポスタービジュアルでは、マイティ・ソー、キャプテン・アメリカ、ハルク、アイアンマン風のヒーローらしき登場人物たちの姿と、バットマンとジョーカーらしきキャラクターが切り取られている。「ハリウッドよ、これがヒーローだ⁈」というコピーも並び、数々のヒーロー映画にオマージュを捧げたビジュアルとなっている。

『バッドマン 史上最低のスーパーヒーロー』は7月15日より全国公開。

作品情報

バッドマン 史上最低のスーパーヒーロー
2022年7月15日(金)より、ヒューマントラストシネマ渋谷、グランドシネマサンシャイン 池袋ほか全国ロードショー

出演:フィリップ・ラショー、ジュリアン・アルッティ、タレク・ブダリ、エロディ・フォンタン、アリス・デュフォア、ジャン=ユーグ・アングラード『ベティブルー 愛と激情の日々』、アムール・ワケド『ワンダーウーマン1984』
監督:フィリップ・ラショー/脚本:フィリップ・ラショー、ピエール・ラショー、ジュリアン・アルッティ、ピエール・デュダン/撮影:ヴァンサン・リシャール/音楽:マキシム・デプレ、ミカエル・トルディマン/製作:フィリップ・ラショー、ジュリアン・デリス、デヴィッド・ゴーキェ
2021年/フランス・ベルギー映画/フランス語/83分/シネスコ/5.1ch/字幕:井村千瑞/映倫G
原題:Superwho?/提供:ニューセレクト/配給:アルバトロス・フィルム

©CINÉFRANCE STUDIOS - BAF PROD - STUDIOCANAL - TF1 STUDIO - TF1 FILMS PRODUCTION

公式サイト badman-hero.com

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事