『ダラス・バイヤーズクラブ』『カフェ・ド・フロール』『わたしに会うまでの1600キロ』などの数々の作品を残したカナダの名匠ジャン=マルク・ヴァレ監督作品『C.R.A.Z.Y.』が7月29日(金)より劇場公開されることが決定した。

日本版ポスタービジュアルも解禁

アカデミー賞3部門受賞の『ダラス・バイヤーズクラブ』、ヴァネッサ・パラディ主演の『カフェ・ド・フロール』他、数々の名作を世に送り出してきたジャン=マルク・ヴァレ監督。2021年12月、その生涯を終えた監督が2005年に制作し、その名を一躍轟かせたのが本作『C.R.A.Z.Y.』だ。

シャルル・アズナヴール、デヴィッド・ボウイ、ローリング・ストーンズらの時代を彩る名曲と共に、保守的な家庭で育った青年のアイデンティティ確立までの葛藤と成長を描く。音楽、反抗、ユーモア、青春の躍動感と彩りに溢れた本作は、トロント国際映画祭最優秀カナダ映画賞、イリス賞13部門受賞ほか、多くの映画祭で称賛を以て迎えられたほか、2005年の作品ながら、Rotten Tomatoes100%を記録し続けるなど、カナダが生んだ映画史に残る名作として称えられ続けている。

1960年代の保守的な家庭で、5人兄弟の4男として育ったザック。「特別な子」と呼ばれた彼は、軍で働き音楽を愛する父親と過保護気味の母親、それぞれ文武に秀でた兄2人、問題だらけの次男を観察しながら幼少期を過ごす。やがて思春期に足を踏み入れる1970年代。ザックは自らのアイデンティティと、父親の価値観の間でもがくようになる。

このたび本作の日本版のポスタービジュアルが解禁。横一列に並ぶのは、ボーリュー5人兄弟。個性の異なる5人を見守るように上に佇む両親のうち、母親の真下にいるのが主人公のザック。キリストと同じ12月25日に生まれ、「特別な子」と呼ばれながら、クリスマスのミサへの参加を義務付けられてきた彼の独白がコピーとしてあしらわれている。父親と同じく音楽を愛し、反抗を覚え、やがてアイデンティティに目覚めるザックの目線を通して語られる兄弟それぞれ、そして両親との関係にも注目だ。

作品情報

C.R.A.Z.Y.
2022年7月29日(金)より新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷他にてロードショー

監督:ジャン=マルク・ヴァレ『ダラス・バイヤーズクラブ』
出演: ミシェル・コテ、マルク=アンドレ・グロンダン、ダニエル・プルール

2005/カナダ、モロッコ/フランス語、英語/カラー/129分 映倫:PG12 後援:カナダ大使館、ケベック州政府在日事務所
原題:C.R.A.Z.Y.

配給:ファインフィルムズ   

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事