未就学児童とその保護者に向けた、日本で初めての“親子に特化した動画配信サービス「こども映画プラス」”が2022年6月6日(月)よりスタートすることが決定した。世界中から選りすぐられた名作映画が配信される。

「パンダコパンダ」 
©TMS
海外作品の吹き替え版の作成費支援としてクラウドファンディングもスタート

こどもが楽しめる映画の紹介、鑑賞会、制作ワークショップなどを通じて、約10年間“親子のための映画情報サイト”として活動してきた「こども映画プラス」(運営:株式会社チャイルド・フィルム)が、アニメーションを中心とした選りすぐりの短編映画の動画配信をスタートする。

「映画は世界に開かれた窓」という黒澤明監督の言葉をモットーに、未就学の集中力が短いこどもを対象とした、5~30分程度の短編映画を、毎月約1時間のパックにして届ける。

絵本が毎月届く絵本クラブのようなサービスを目指し、忙しくて多くの作品から安心して観せられる作品を選ぶ時間がないという保護者の方たちからのニーズに応え、映画選定のプロの目で、世界中から個性豊かな作家性のあるクオリティの高い名作のみを配信する。

同ウェブサイトでは発達心理学の専門家が語る「こどもとメディアについて」のインタビュー掲載や、鑑賞後にこどもと映画に関連した会話や遊びができるようなアイデアをアップし、映画プラスアルファを提案していく。

海外作品の吹き替え版の作成費支援として50万円を目標にしたクラウドファンディングが、動画配信に先立ち 5月16日(月)よりスタート。参加者にはレナ・フォン・デーレン監督の「小鳥とハチ」のキャラクターのオリジナル鑑賞記録ノート、無料視聴、年間の最優秀作品賞選定委員などの特典がつく。(サイトはこちら→https://motion-gallery.net/projects/kodomo-plus

動画配信サービス「こども映画プラス」

URL: https://vod.kodomoeiga-plus.jp/
開設時期:2022年6月6日(月)PM13:00スタート(予定)
配信形態:SVOD(月額会員制によるビデオ配信)
配信方法:5~30分の作品4~8本を1時間程度にまとめ、毎月新しい作品を配信。
月額利用料:1000円(税込)
想定利用者:3歳から6歳の未就学児童とその保護者
運営:株式会社チャイルド・フィルム

動画配信サービス「こども映画プラス」6月配信予定作品

原案:宮崎駿、演出:高畑勲の名作 愛されて50年
「パンダコパンダ」

竹やぶの一軒屋にたった一人で住んでいる少女ミミ子のもとに、ある日突然やってきた親子パンダ。その日から奇妙で楽しい新生活が始まった。後の宮崎アニメの源流と位置づけられる名作ファンタジー。
原案:宮崎駿/演出:高畑勲/35分/日本/1972年/ ©TMS

第81回アカデミー賞短編アニメーション賞受賞
「つみきのいえ」

積木の家に住む 孤独なおじいさんとその家族の思い出の物語。2008年アヌシー国際アニメーション映画祭グランプリ受賞など、高い評価を受けた傑作短編アニメーション。
監督:加藤久仁生/12分3秒/日本/2008年/ ©ROBOT

「岸辺のふたり」「レッド・タートル」のマイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット監督が贈る
「お坊さんとさかな」

修道院の近くにある池で魚を発見したお坊さんは、その魚にとりつかれて、あらゆる手段で魚を捕まえようとするが・・・。第67回アカデミー賞最優秀短編アニメーション賞ノミネートされたリズムが楽しいアニメーション。
監督:マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット/原題:THE MONK AND THE FISH /6分34秒/フランス/1994年/© Folimage-Valence-Production 1994

第16回広島国際アニメーションフェスティバル国際審査員特別賞受賞 
「ワン トゥ ツリー」
木が赤い靴をはいて森から抜け出して繰り広げる大冒険。第32回シカゴ国際こども映画祭こども審査員賞などを受賞したアニメーション。
監督:ユリア アロノヴァ/原題:One, Two, Tree/6分50秒/フランス・スイス/ 2015年/©Folimage / Nadasdy Film

配信サービスを始めるにあたって 

会社創業時から、将来的にこども映画館が作れたらと思ってきましたが、パンデミックを経た今は、いろんな映画を通してワクワクを、もっと気楽に、もっとたくさんの人たちに届けたいと思い、配信サービスを始めます。私たちのような小さな会社はNetflixや、アマゾン・プライム・ビデオに対抗しようがありません。でも私たちだから出来ることがあります。それは、アルゴリズムやAIに頼ることなく、全部自分たちで作品を見て、おすすめだけを配信すること。10年間、こどもたちのために映画を紹介してきた「こども映画プラス」だから見つけられる名作を、自信を持ってお届けします。未就学のお子さんの集中力は短く、短編映画がぴったりです。また保護者の方は長時間視聴の影響を心配されていますので、1時間としました。お気に入りの作品は絵本と同じで、繰り返し見て楽しむことができます。そして優れた作品は、大人も感動させてくれるでしょう。小さいけれど唯一無二の配信サービスにご期待ください。

株式会社チャイルド・フィルム 代表 工藤 雅子

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事