シリーズ累計世界興行収入500億円超の超ヒットを誇る『パージ』シリーズ最新作『フォーエバー・パージ』がいよいよ明日5月20日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷、渋谷シネクイントほか全国公開。このたび、“無限パージ”を掲げる過激派組織に主人公たちが追い込まれていく緊迫の本編アクションシーン映像が解禁された。

暴徒たちが襲い掛かる中、愛する夫を救えるのか!?

一年に一晩だけ殺人を含むあらゆる犯罪が合法になる“パージ法”が施行されたアメリカで極限状態に追い込まれた市民たちの姿を描き、世界中で大ヒットを記録した第一作『パージ』を皮切りに、これまでに長編映画全4作とテレビシリーズ全2シーズンが製作された超人気シリーズの最新作。製作を務めるのは、『ゲット・アウト』『透明人間』など次々とスマッシュヒット作品を生み出し、映画ファンから熱い注目を集める製作会社ブラムハウス・プロダクションを率いるジェイソン・ブラムと、『トランスフォーマー』『アルマゲドン』など数々の大ヒットアクション映画を作り続ける破壊の帝王マイケル・ベイ。ハリウッドを代表する二人のクリエイターが贈る究極のエクストリーム・サバイバル・アクションが幕を開ける!

このたび解禁された本編映像は、アデラ(アナ・デ・ラ・レゲラ)たちが目指すメキシコ国境を目前に、終わりのない“無限パージ”を掲げる人種差別主義の過激派組織に追いつめられるシーン。

彼女たちは小さな小屋に身を隠すことにするが、跡を追ってきた暴徒らたちにバイクで小屋に突入され、その勢いでアデラは吹き飛ばされてしまう。頭から地面にたたきつけられた衝撃で気を失い、夫ホアン(テノッチ・ウエルタ)の呼びかけにも応じることができないアデラ。ホアンとディラン(ジョシュ・ルーカス)は続々と侵入してくる暴徒らに必死に応戦するが、ついにはホアンは抑え込まれ、横転したバイクの回転するタイヤに顔面を押し付けられそうになり絶体絶命の状況に!

なんとか目を覚ましたアデラがホアンの危機に気付き銃を構えるものの、頭を強打したせいで視界がぼやけ、ふらついてしまう。照準を誤るとホアンを殺すことになってしまう緊迫した状況を時計の秒針の音がさらにかき立てる中、アデラは果たして愛する夫を救うことができるのか。続きが気になる映像となっている。

『フォーエバー・パージ』は5月20日(金)TOHOシネマズ日比谷、渋谷シネクイントほか全国公開。

作品情報

フォーエバー・パージ
2022年5月20日(金)TOHOシネマズ日比谷、渋谷シネクイントほか全国公開

ストーリー
移民増加が深刻な社会問題となったアメリカ。政府は対策として、12時間だけ殺人を含むすべての犯罪が合法になる“パージ”を復活させる。命からがら恐怖の一夜をやり過ごした人々だったが、“パージ”に乗じて人種差別主義の過激派組織が暴走。終わりのない“無限パージ”へ突入し、アメリカ全土が無法地帯と化してしまう。崩壊寸前のアメリカを援助するため、メキシコ政府は6時間に限り国境解放を宣言。メキシコからの移民のアデラ(アナ・デ・ラ・レゲラ)とホアン(テノッチ・ウエルタ)夫婦は雇い主の一家と国境を目指すが、道中で出くわした過激派の一団に追われてしまう。果たして彼らは極限の恐怖から生き延び、タイムリミットまでにアメリカを脱出することができるのか―!?

監督:エヴェラルド・ヴァレリオ・ゴウト 脚本:ジェームズ・デモナコ
製作:ジェイソン・ブラム、マイケル・ベイ、アンドリュー・フォーム、ブラッド・フラー、セバスチャン・K・ルメルシエ p.g.a.、ジェームズ・デモナコp.g.a.
出演:アナ・デ・ラ・レゲラ、テノッチ・ウエルタ、キャシディ・フリーマン、レヴェン・ランビン、ジョッシュ・ルーカス、ウィル・パットンほか
原題:The Forever Purge

配給:パルコ ユニバーサル映画

© 2021 UNIVERSAL STUDIOS

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事