60年代から70年代にかけて多くのミュージシャンが暮らし、数々の名曲を生み出したウェストコースト・ロックの聖地、ローレル・キャニオンを巡るドキュメンタリー映画『エコー・イン・ザ・キャニオン』(5月27日公開)の本編映像が解禁された。ビートルズ、ビーチ・ボーイズ、クラプトンといったミュージシャンたちが当時いかに刺激を与え合い、相乗効果を生んでいたかが明らかになる貴重映像だ。

ミュージシャンたちのインスピレーションがまさに“エコー”のように反響し合っていた

ハリウッドのナイトクラブ街から車で5分の場所に位置するローレル・キャニオン。そこは60年代から70年代にかけて数々のミュージシャンが暮らし、互いに刺激を与え合い、ウェストコースト・ロックというジャンルを作り上げた伝説の場所。本作では、ジェイコブ・ディラン(ボブ・ディランの息子)がホストとなり、リンゴ・スター(ザ・ビートルズ)、ブライアン・ウィルソン(ザ・ビーチ・ボーイズ)、エリック・クラプトン、ジャクソン・ブラウンなど超大物ミュージシャンたちへインタビューを行い、当時の音楽に影響を受けたベックやノラ・ジョーンズなど次世代のミュージシャンらとともに数々の名曲を現代に蘇らせていく。

このたび公開された本編映像は、ビーチ・ボーイズのブライアン・ウィルソンが「ビートルズは好きなグループだった」という言葉から始まる。彼は「ラバー・ソウル」(65)に圧倒されて自身のアルバム「ペット・サウンズ」(66)を書いたという。

さらにエリック・クラプトンは「ビーチ・ボーイズはクリームにとって哲学的に最も影響を受けたバンドだ。『ペット・サウンズ』には特にね」と明かし、アメリカ西海岸とイギリスという海を超えたそれぞれの音楽シーンで互いに影響を与え合っていたことがわかる。

ママス・アンド・パパスやキャロル・キングを手掛けた名プロデューサーのルー・アドラーは「ペット・サウンズ」をローリング・ストーンズのプロデューサー、アンドリュー・オールダムやビートルズのポール・マッカートニーに聴かせ、ブライアンの曲作りをどう参考にできるか考えた結果、ビートルズのアルバム「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」(67)が生まれたと語る。

ウェストコースト・ロックを代表するバンド、CSN&Yのグラハム・ナッシュとスティーヴン・スティルスは「ペット・サウンズ」と「サージェント・ペパーズ」は傑作であり、聴くだけでその相互作用が分かると断言。60~70年代のローレル・キャニオンという渓谷で、ミュージシャンたちのインスピレーションがまさに“エコー”のように反響し合っていたのだ。

映画本編ではその他にも、トム・ペティ、ジャクソン・ブラウン、デヴィッド・クロスビーなど大物ミュージシャンが続々登場し、当時の音楽シーンや名曲誕生の背景を振り返っている。

『エコー・イン・ザ・キャニオン』は、5月27日(金)より新宿シネマカリテほか全国順次公開。

作品情報

エコー・イン・ザ・キャニオン
2022年5月27日(金)より新宿シネマカリテほか全国順次公開

監督:アンドリュー・スレイター 脚本:アンドリュー・スレイター、エリック・バーレット 
出演:トム・ペティ、ブライアン・ウィルソン、リンゴ・スター、エリック・クラプトン、スティーヴン・スティルス、デヴィッド・クロスビー、
グラハム・ナッシュ、ジャクソン・ブラウン、フィオナ・アップル、ベック、ノラ・ジョーンズ、キャット・パワー、ジェイコブ・ディラン
2018年/アメリカ/原題:Echo in the Canyon/ビスタ/83分/5.1ch 日本語字幕:渡邊一治

配給:アンプラグド

© 2019 Echo In The Canyon LLC ALL. RIGHTS RESERVED.

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事