『ロスト・ドーター』のジェシー・バックリー、『サウンド・オブ・メタル 〜聞こえるということ〜』のリズ・アーメッドという注目俳優二人が、SFラブストーリー『フィンガーネイルズ(原題)』(Fingernails)で共演決定。第94回アカデミー賞作品賞に輝いた『コーダ あいのうた』のApple Original Filmsが本作の権利契約を締結した。

ジェシー・バックリー
Montclair Film, CC BY 2.0 https://creativecommons.org/licenses/by/2.0, via Wikimedia Commons
リズ・アーメッド
"Riz Ahmed" by Gage Skidmore is licensed under CC BY-SA 2.0.
カップル同士が本当に愛し合っているかどうかを測るテストが開発された近未来が舞台

米「Deadline」の報道によれば、『フィンガーネイルズ(原題)』は、カップル同士が本当に愛し合っているかどうかを測るテストが開発された近未来の世界が舞台。

バックリーが演じるアンナはそのテストを受け、パートナーとの間に良好な結果が出るが、そのテストの正確性に疑問を持ち、アーメッド演じる研究者のもと「恋愛研究所」で助手の仕事をすることになる。

2020年の『林檎とポラロイド』で知られるギリシャの新鋭監督クリストス・ニクの英語圏でのデビュー作となる。『林檎とポラロイド』は記憶喪失を引き起こす奇病が蔓延する世界を舞台にした作品。

バックリーは『ロスト・ドーター』で第94回アカデミー賞助演女優賞にノミネートされ、自身初のアカデミー賞候補入りを果たした。アーメッドは、主演&共同脚本を務めた短編映画『The Long Goodbye(原題)』で第94回アカデミー賞短編実写映画賞を受賞した。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事