リュミエール兄弟やジョルジュ・メリエスと並ぶ映画のパイオニアであり、ハリウッドの映画製作システムの原型を作り上げた世界初の女性映画監督アリス・ギイの生涯に迫るドキュメンタリー『映画はアリスから始まった』が7月22日(金)にアップリンク吉祥寺にて公開されることが決定した。

「1895年3月、リュミエール兄弟が初めて映画を上映した場所に、彼女はいた―」

クローズアップ、特殊効果、カラー映画、音の同期…現在の標準的な映画製作技法を次々と生み出し、1,000作品以上を手掛けた監督・製作・脚本家、アリス・ギイ。なぜ彼女は映画史から忘れ去られていたのか? 本作は彼女の生涯と、晩年の謎に迫るドキュメンタリー。

“記録するだけの映像は退屈。映画で物語をつくったらどうかしら―?”。リュミエール兄弟がシネマトグラフを発明した、映画誕生の年、1895年。その時すでに、アリス・ギイは映画の“物語る力”に可能性を見出していた─。

ナレーションを担当するのはアカデミー賞最優秀主演女優賞を2度受賞しているジョディー・フォスター。ベン・キングズレーや、アニエス・ヴァルダ、マーティン・スコセッシら映画界の錚々たる面々や、アリス自身と彼女の親族らへの膨大なインタビューと緻密なリサーチ、アリス作品のフッテージの数々によってアリス・ギイの功績とその生涯を明らかにする。監督は本作が初長編監督作となるパメラ・B・グリーン。

公開決定にあわせて、ポスタービジュアルも解禁。「1895年3月、リュミエール兄弟が初めて映画を上映した場所に、彼女はいた―」と映画の礎を築いた彼女の偉大なる足跡が表現されたキャッチコピーが配されている。

コメント

私たち映画人の誰もが、初めて物語映画を作ったアリス・ギイを知らなかった。泣きも叫びもせず1000もの映画を作り上げた、非常によくできた女性、アリス・ギイ。彼女は完全に忘れ去られ、歴史から消されていたのだ―
――ジョディ・フォスター

アリス・ギイは優れた感性と詩的な目を持つ監督である。
――マーティン・スコセッシ

作品情報

映画はアリスから始まった
2022年7月22日(金)よりアップリンク吉祥寺ほか全国順次公開

ナレーション:ジョディ・フォスター

監督:パメラ・B・グリーン 製作:ロバート・レッドフォード 他
出演:アリス・ギイ=ブラシェ/シモーヌ・ブラシェ/ベン・キングズレー/マーティン・スコセッシ/アニエス・ヴァルダ 他
原題:Be Natural: The Untold Story of Alice Guy-Blaché

2018年/アメリカ/カラー+モノクロ/103分/ドキュメンタリー

© 2018 Be Natural LLC All Rights Reserved

公式サイト www.pan-dora.co.jp/aliceguy/

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事