ⓘ当サイトにはプロモーション(広告)が含まれています

海底に閉じ込められた危機的状況から脱する恐怖を描いたパニックスリラー『海底47m』シリーズの製作陣が、舞台を海上に移して再び海の恐怖を描くサバイバルスリラー『海上48hours ―悪夢のバカンス―』(7月22日公開)の新場面写真が一挙解禁された。

「メインキャラクターを5人にした主な理由は、2台の水上バイクに乗れる人数が限られるからだ」

本作は、シャークケージダイビングに興じる姉妹が、海底深くに落下した檻から脱出する様をスリリングに描いた『海底47m』(2017年公開)、古代マヤ文明の海底遺跡に閉じ込められた女子高生たちの決死のサバイバル劇『海底47m 古代マヤの死の迷宮』(2020年公開)の製作陣が放つ、海の恐怖を描いた新たな海上スリラー。

監督は、『海底47m』と『海底47m 古代マヤの死の迷宮』でセカンドユニット監督を務めた実績を持ち『ゲットバック 人質奪還』などの監督であるジェームズ・ナンが務め、衝撃の実録ドラマ『暁に祈れ』で脚本を務めたニック・ソルトリーズが脚本を担当。

メキシコのビーチでバカンスを楽しむ大学生5人組。酔っぱらった勢いにまかせて無断で水上バイクを乗り回す彼らだったが、衝突事故を起こしてしまい、壊れたバイクで遥か海上沖を漂うことに…。友情で結ばれていた彼らを待っていたのは、回避不可能な危機的状況の数々。さらに、追い打ちをかけるように獰猛なホホジロザメが彼らを襲う!2日間の‘恋と友情のバカンス’は、‘サメと裏切りのサバイバル’へと化していく―。

今回解禁された新場面写真が捉えるのは、アメリカの大学生が最も羽目を外す春休み“スプリングブレイク”にビーチにやってきた男女5人組が、盗んだ水上バイクで沖に向かって走り出した末に待ち受けていた最悪の48時間と、その前夜のひとコマを切り取ったもの。

水上バイクで勢いよく海を滑走する様子や、2台のバイクが正面衝突した衝撃の瞬間、海上を漂流する1台のバイクに獰猛なホホジロザメがピッタリ並走する場面、ひとりの男性が腹部に深い傷を負った絶体絶命の状況を予感させる場面などを切り出した。

さらに、ひとりだけ持ってきていたスマホは、助けを求めようとライトを掲げることで救命道具になる一方で、主人公の女子大生ナット(ホリー・アール)がそのスマホのデータを見てしまうことで“浮気発覚”の決定的証拠にもなってしまう……。

ほかにも、バカンスでの最後の夜にテキーラを手にはしゃぐ5人や、ナットが買い出しの途中で出会う車いすの老人が彼女にとある“忠告”をする様子も。

場面写真でも確認できる通り、本作に登場する水上バイクは3人乗りであるため、2台のうち1台が使用不能になると5人のうち2人は必然的にバイクに乗ることができなくなる。かねてからサメ映画のプロットを持っていたという脚本のニック・ソルトリーズは、「メインキャラクターを5人にした主な理由は、2台の水上バイクに乗れる人数が限られるからだ」と本作の絶妙な設定について解説する。

さらに、「この映画にとってサメのアクションが重要なのは当然だけど、サスペンス的な要素を春休みの若者たちの視点から見ることが肝だったんだ」と語っている。こうして若気の至りが原因で海上を漂流することになった彼ら5人は、恐怖と裏切りが交錯する絶望の海上からサバイブできるのか――?

作品情報

海上48hours ―悪夢のバカンス―
2022年7月22日(金) 新宿バルト9 他 全国ロードショー

STORY
アメリカの大学生が最も羽目を外す春休み:“スプリングブレイク”。メキシコのビーチでテキーラを浴びて馬鹿騒ぎをする男女5人組は桟橋に停められていた2台の水上バイクを盗み出し、沖へ出る。やがて、チキンレースに発展し、正面衝突してしまう。1台は大破し、もう1台はエンジントラブルで身動きが取れない。しかも、仲間のひとりが足に大けがを負ってしまい、助けを呼ぼうにも携帯の電波は届かない中、浮気騒動までも発覚。そして、壊れたバイクで大海原を漂うパニック状態の彼らをさらなる危機が襲う。なんとそこは、凶暴なホホジロザメの巣窟だったのだ―。

監督:ジェームズ・ナン
出演:ホリー・アール ジャック・トゥルーマン キャサリン・ハネイ マラキ・プラー=ラッチマン トーマス・フリン
配給:ギャガ
原題:SHARK BAIT/2022年/イギリス/カラー/シネスコ/5.1chデジタル/85分/字幕翻訳:牧野琴子

© Vitality Jetski Limited 2021

公式サイト gaga.ne.jp/48h/ 

  • ブルーレイの売れ筋ランキング
  • DVD 外国映画の売れ筋ランキング
  • DVD 日本映画の売れ筋ランキング
  • ブルーレイ 外国映画の売れ筋ランキング
  • ブルーレイ 日本映画の売れ筋ランキング
  1. アニメ
  2. アニメ
  3. J-POP
  4. アニメ
  5. J-POP
  6. J-POP
  7. J-POP
  8. J-POP
  9. 特撮・戦隊・ヒーロー
  10. アニメ
  11. アニメ
  12. アニメ
  13. アニメ