アメリカで権威あるエミー賞のひとつの部門で、アメリカ合衆国の優れたスポーツ番組、ライブ中継、アナウンサーなどを表彰する第43回スポーツ・エミー賞の授賞式が5月24日にニューヨークのリンカーン・センターで行われ、2部門(長編スポーツドキュメンタリー賞、撮影賞)にノミネートされていた映画『アルピニスト』(7月8日公開)が、最優秀長編スポーツドキュメンタリー賞に輝いた。あわせて新メインカットが解禁された。

「マーク・アンドレ、この賞は君が勝ち取った賞だ!」

『アルピニスト』は米アカデミー賞で長編ドキュメンタリー賞を獲得した映画『フリーソロ』以来の壮大なスケールと迫力に満ちた驚くべきアルピニストのドキュメンタリー映画。『フリーソロ』の主演アレックス・オノルドが「彼はクレイジーだ!」と語るなど、世界的アルピニストのレジェンドたちからも一目置かれている命知らずの若きアルピニスト、マーク・アンドレ・ルクレールに密着した作品だ。

世界でも有数の岩壁や氷壁、数々の断崖絶壁を、命綱もつけず、たった独りで登る無謀なフリーソロという登山スタイルを貫いたマークは、SNS社会に背を向けながらも、不可能とされていた数々の世界の山脈の難所に挑み、次々と新たな記録を打ち立てていく。だが、そんな偉業を成し遂げながらも、名声を求めない彼の性格から世間的な知名度はほぼ皆無――。そんなマークの驚くべきクライミング哲学とは何なのか?

これまで数多くの登山にまつわるドキュメンタリー映画を製作してきたアウトドア・ドキュメンタリーの第一人者、ピーター・モーティマー監督が、自らの登山経験を駆使して映し出した驚異的な映像は、多くの人の感動と興奮を呼び起こし、放送映画批評家協会ドキュメンタリー賞で最優秀スポーツドキュメンタリー映画賞を獲得。さらに今回、第43回スポーツ・エミー賞の長編ドキュメンタリー部門、撮影賞にノミネートされ、見事、長編ドキュメンタリー部門に輝いた。

授賞式に参加した本作プロデューサーのベン・ブライアンは「2年間にわたり、この作品に向き合ってくれた制作チームに感謝したい」と語ると、「そして何より、マーク・アンドレ・ルクレール、彼の家族、そして彼の友人たちに感謝したい。皆さんの協力がなければこの映画は実現しなかった。マーク・アンドレ、この賞は君が勝ち取った賞だ!」と喜びのコメントを寄せた。

『アルピニスト』は7月8日(金) TOHOシネマズ シャンテ 他全国公開。

作品情報

アルピニスト
2022年7月8日(金) TOHOシネマズ シャンテ 他全国公開

原題:『THE ALPINIST』
出演:マーク・アンドレ・ルクレール、ブレット・ハリントン、アレックス・オノルド(『フリーソロ』) ほか
監督:ピーター・モーティマー、ニック・ローゼン
制作:レッドブルメディアハウス

配給:パルコ ユニバーサル映画

2021年/英語/アメリカ映画/G/93分/ビスタ

© 2021 Red Bull Media House. All Rights Reserved.

公式サイト https://alpinist-movie.com/

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事