9月に開催される世界的なファッションの祭典「メットガラ2021」にてティモシー・シャラメが大坂なおみ、ビリー・アイリッシュ、アマンダ・ゴーマンとともに共同議長を務めることが明らかになった。

Embed from Getty Images
今年のテーマは「アメリカのファッション」

「メットガラ」は毎年ニューヨークのメトロポリタン美術館で開催されるファッションの祭典。映画スターや時代のアイコンたちが一堂に会する、NYでももっとも話題を集めるイベントの一つとして知られている。

毎年5月の第一月曜日に開催されるのが恒例だが、2020年はコロナ禍のため中止に。今年も開催が延期され、9月に開催されることが発表されている。

Embed from Getty Images

2019年のメットガラに登場したレディー・ガガ

今回は二部構成となり、9月13日に第一部、来年5月に第二部が開催される予定。9月開催の第一部は政府の新型コロナウイルスのガイドラインに従って小規模開催される。テーマは「アメリカのファッション」だ。

大坂なおみ、ビリー・アイリッシュ、アマンダ・ゴーマンという時代を象徴する顔ぶれとともに共同議長に選ばれたティモシー・シャラメ。その唯一無二のファッションセンスはレッドカーペットなどでも常に注目の的となってきた。メットガラという夢の舞台でどのような輝きを放つのか注目だ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事