キュリー夫人の知られざる激動の半生を『ゴーン・ガール』『パーフェクト・ケア』のロザムンド・パンク主演で映画化した『RADIOACTIVE』が、邦題『キュリー夫人 天才科学者の愛と情熱』として10月14日(金)より日本公開されることが決定した。あわせてメイン写真が解禁された。

人類史上初ノーベル賞を2度受賞した天才科学者キュリー夫人の知られざる“光と影”とは?

その名を誰もが一度は聞いたことがある歴史上の偉人、キュリー夫人。1903年にノーベル物理学賞、1911年に同科学賞を受賞し、これは人類史上初の快挙で、現在も同賞を2度受賞した事のある唯一の女性である。

その彼女が夫と共に発見した放射性元素は科学の常識を覆し、癌治療に活用され多くの人々の命を救った一方で、核兵器として戦争の道具で使われ、人類に様々な面で大きな影響を与えた事はあまり知られていない。

本作ではそんな彼女の輝かしい業績とは裏腹に、愛する夫との出会いと別れから、女性や移民である事で差別を受けてきた、知られざる波乱に満ちた激動の人生の“光と影”に焦点を当てた衝撃の実話となっている。

19世紀、パリ。ポーランド出身の若き女性研究者マリ・スクウォドフスカは、ソルボンヌ大学から性差別を受け、ろくに研究の機会を与えられないでいた。そんな中、同僚の科学者ピエール・キュリーと運命的な出会いを果たした彼女は、結婚してキュリー夫人となる。彼の支援で研究に没頭した彼女は、ラジウムとポロニウムという新しい元素を発見したことから夫婦でノーベル賞を受賞する。科学界を席巻するが、ふたりの幸せは長続きせず、夫は不慮の事故死を遂げてしまう──。さらに、彼女が発見したラジウムは癌細胞の治療に役立つ一方、核兵器としても利用されるようになり、彼女の苦悩は深まっていくのだった。

キュリー夫人を熱演したのは『ゴーン・ガール』のロザムンド・パイク。公私ともに支えあった夫ピエールには、『マレフィセント』シリーズのサム・ライリー。研究所の同僚ポールは『どん底作家の人生に幸あれ!』のアナイリン・バーナード。母の才能を受け継いだ娘イレーヌは『ラストナイト・イン・ソーホー』のアニャ・テイラー=ジョイがそれぞれ演じた。

監督には『ペルセポリス』の鬼才マルジャン・サトラピが、『ワンダー 君は太陽』の脚本家ジャック・ソーンや『博士と彼女のセオリー』のプロデューサーを務めるティム・ビーヴァンとタッグを組み、苦悩するキュリー夫人の揺れ動く心情を丁寧に描いている。

今回解禁となったメイン写真は、ロザムンド・パンク演じるマリ・キュリーが、難解な数式の書かれた黒板を背景に、どこか遠くを見つめている様子が切り取られている。その表情からは激動の人生を歩んできた彼女の揺るがない自信と研究に明け暮れる強い情熱を感じることができる。

作品情報

キュリー夫人 天才科学者の愛と情熱
2022年10月14日(金)より kino cinéma 横浜みなとみらい他 全国順次公開

監督:マルジャン・サトラピ 脚本:ジャック・ソーン 製作:ティム・ビーヴァン
出演:ロザムンド・パイク、サム・ライリー、アナイリン・バーナード、アニャ・テイラー=ジョイ
2019 年|イギリス|英語|110 分|カラー|ビスタ|5.1ch|原題:RADIOACTIVE|字幕翻訳:櫻田美樹|G 提供:木下グループ 配給:キノフィルムズ

© 2019 STUDIOCANAL S.A.S AND AMAZON CONTENT SERVICES LLC

公式サイト https://movie.kinocinema.jp/works/radioactive

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事