英国の文豪チャールズ・ディケンズの不朽の名作「クリスマス・キャロル」を原作とするNetflixのアニメーション映画『スクルージ:クリスマス・キャロル(原題)』(Scrooge: A Christmas Carol)にルーク・エヴァンズ、オリヴィア・コールマン、ジェシー・バックリーら豪華キャストが集結する。米「Deadline」などが報じている。

ルーク・エヴァンズ
"Luke Evans" by Little Miss Iz is licensed under CC BY 2.0.
血も涙もない強欲な主人公スクルージをエヴァンズが演じる

本作は、クリスマスを舞台にした作品の中でも最も有名な物語の一つで、これまでに何度も映像化されている名作「クリスマス・キャロル」をミュージカル仕立てで描く作品。血も涙もない、強欲な商人のスクルージが、クリスマス・イヴに過去・現在・未来をめぐる旅を繰り広げ、心を改めて新たな人生を歩むまでを描く。

エヴァンズは主人公スクルージを演じる予定。『ロスト・ドーター』でも組んだコールマンとバックリーが再共演し、それぞれ過去のクリスマスの亡霊とイザベル・フェジウィッグを演じる。

1970年のミュージカル版『クリスマス・キャロル(1970)』の音楽を手掛けた故レスリー・ブリッカスの楽曲を再編集して使用するという。

監督を務めるのは『ロスト・イン・オズ』のスティーヴン・ドネリー。ドネリーは「本作は『クリスマス・キャロル』を知っている人たちが期待するものを、これまで体験したことのない形で提供できると思います」と自信のコメントを寄せている。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事