元ビーチ・ボーイズのブライアン・ウィルソンに密着したドキュメンタリー映画『ブライアン・ウィルソン/約束の旅路』(8月12日公開)の本編映像が解禁された。ママス&パパス、リトル・リチャード、スライ&ザ・ファミリー・ストーン、そしてエルトン・ジョンまで、ブライアンが大物アーティストたちとの70年代の思い出を振り返る貴重映像だ。

エルトン・ジョン「夢のような体験だった。ブライアンの美しい曲にずっと憧れてたからね」

本作は「サーフィン・U.S.A.」「グッド・バイブレーション」「神のみぞ知る」、そして名盤「ペット・サウンズ」「スマイル」などを生みだした「ビーチ・ボーイズ」の創設メンバー、ブライアン・ウィルソンに密着した初めてのドキュメンタリー。元ローリング・ストーン誌のベテラン編集者のジェイソン・ファインとともに、幼少期に過ごした家や「サーフィン・サファリ」のジャケット写真が撮影されたパラダイス・コーブなど、ゆかりの西海岸の街をめぐっていく。その輝かしすぎる栄光の日々の半面、稀代の天才ソングライターが抱えていた、哀しくも壮絶な真実とは?

このたび解禁された本編映像は、当時数々のヒット曲を生み出しつつも、徐々にメンバーと確執が生まれ、距離が開くようになり、家に引きこもりがちになっていたブライアンが、ベラージオでの思い出を語るシーン。

プールと大きな庭、そして豪華なレコーディングスタジオを併設した邸宅に住んでいたブライアンのもとに遊びに来ていたのは、ロックの殿堂入りを果たしたママス&パパス、ロックンロールの創設者のひとりと言われているリトル・リチャード、ファンクロックを牽引したスライ&ザ・ファミリー・ストーンのスライ、そしてエルトン・ジョンなど70年代のアメリカ音楽シーンを象徴する豪華な面々。

思い出話とともに、エルトン・ジョンがインタビューに答え、「ダニー・ハットンと尋ねに行ったが、夢のような体験だった。ブライアンの美しい曲にずっと憧れてたからね。最高に感動した夜だった」と当時ブライアンの家を訪れた時の興奮を語る。またピアノを売られそうになったという仰天の逸話も。

本作では、ブライアンが育った故郷ホーソーン、「カリフォルニア・ガールズ」などが生まれたダートマス、「グッド・ヴァイブレーション」などが生まれたローレルウェイ、そして「ロング・プロミスト・ロード」が誕生したベラージオなどを訪れていく。

『ブライアン・ウィルソン/約束の旅路』は8月12日(金)よりTOHOシネマズ シャンテ、渋谷ホワイトシネクイントほかにて全国公開。

作品情報

ブライアン・ウィルソン/約束の旅路
2022年8月12日(金)TOHOシネマズ シャンテ、渋谷ホワイトシネクイントほか全国ロードショー

監督:ブレント・ウィルソン 製作:ティム・ヘディントン、テリサ・スティール・ペイジ、ブレント・ウィルソン
製作総指揮:ブライアン・ウィルソン、メリンダ・ウィルソン、ジェイソン・ファイン 共同プロデューサー:ジャン・ジーフェルス
出演:ブライアン・ウィルソン、ジェイソン・ファイン、ブルース・スプリングスティーン、エルトン・ジョン、ニック・ジョナス、リンダ・ペリー、ドン・ウォズ、ジェイコブ・ディラン、テイラー・ホーキンス、グスターヴォ・ドゥダメル、アル・ジャーディン、ジム・ジェームズ、ボブ・ゴーディオ

2021年/アメリカ/英語/93分/原題:Brian Wilson: Long Promised Road/字幕監修:萩原健太

配給:パルコ ユニバーサル映画

Ⓒ2021TEXAS PET SOUNDS PRODUCTIONS, LLC

公式サイト https://www.universalpictures.jp/micro/brian-wilson

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事